MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y FLH ボバー化作業~一般整備/'67y XLH1000クイック作業。

今日も暑い1日でした。

R9247271 のコピー


本日もFLH。車体周りの一般整備を行います。

R9247236 のコピー

R9247237 のコピー

インテークのOリングを交換。熱で変形し断面が四角になってしまっております。

R9247238 のコピー

R9247239 のコピー

R9247240 のコピー

キャブレターはフルドレスの時からセットされていた純正ケイヒンバタフライ。汚れたボディをクリーニング。完成後走行させてからそのまま続投するのかキャブを交換するのか判断したいと思います。

R9247241 のコピー

何より最もダメだったのがキャブステーが装着されてなかった事。インマニに負荷がかかりますので社外エアクリーナーに交換した場合は必ず!キャブステーは装着して下さい。

R9247242 のコピー

R9247243 のコピー

続いてオイルクーラーの撤去。ボバー化するので簡素化してしまいますが、鉄シリンダー車両の場合に限り、正直オイルクーラーはあった方が良いと思います。

R9247244 のコピー

R9247245 のコピー

続いてリアブレーキマスター。残念ながら社外がセットされていたのですが、純正に戻します。

R9247246 のコピー

R9247247 のコピー

R9247248 のコピー

O/H済みの純正マスターに交換しました。やはりショベルヘッドはこうじゃないと。

R9247250 のコピー

更に更に、当時のオプションパーツであったバナナキャリパーサポートを装着します。こちらは当店に長期在庫となっていたAMFのデッドストック。

R9247251 のコピー

キャリパー本体に穴を開けてしまいます。現代では考えられませんよね。笑

R9247252 のコピー

で、サポートをセット。

R9247253 のコピー

リア完了。

R9247254 のコピー

続いてフロント側。こちらも穴を開けて、

R9247255 のコピー

こんな感じ。今じゃ考えられないような間抜けなパーツです。

R9247256 のコピー

フロントウインカーの配線やり直し。ナセルの中の見えないところでカットし、もし元に戻す際も目立たないよう配慮。

R9247257 のコピー

フレームマウントされたガイドウインカーの配線を終えたらガスタンクをセットしてフューエルラインを配管。

R9247258 のコピー

R9247259 のコピー

これでフロント回りはほぼコンプリート。

R9247260 のコピー

夕方からクイックの作業が入ったので一旦作業はストップ。表に出してみて車両の雰囲気を確かめます。

R9247261 のコピー

うーん、悪くないんじゃないでしょうか。。

R9247263 のコピー

後はリア回りとバッテリー、スターターを仕上げればほぼ作業は終了。明日なんとか完成したいところ。

R9247267 のコピー

夕方からのクイックはアイアンXLH。シフトフィールがなんとなく悪い時がある、という事で入庫。

R9247269 のコピー

3000kmほど走行したプライマリーオイルはスチールのスラッジが大量に溶けており鉛色。以前のオーナーさんの時は年間走行距離も少なかった事もありますが、これは酷い状態です。

シフトダウンでのエンジンブレーキを多用しているようで、そんな事をしてると4速T/Mが逝ってしまい、最悪ケースも壊しかねないので乗り方を改めるよう指摘。オーナーさんが変わり壊れる事は稀にありますが、それは乗り手側が車両に対して歩み寄りが無い場合がほとんどという事を覚えておいて下さい。

R9247268 のコピー

1000kmほど走ったらまたプライマリーオイルをチェックさせて頂きます。

R9247270 のコピー
関連記事

| Shovel Head | 21:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT