MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y FLHR ブレンボ+HSR交換。

本日もクイックです。

R9247128a.jpg


まずは既存のパフォーマンスマシーンのキャリパーやローターを外します。特別悪くも無いですが、特別良くもないのがこの手のパーツ。本当に性能が良いものならレースでも使われますよね。
ただ、ハーレーで普通に街乗りで使うならストック同様、全く問題も御座いません。

R9247129a.jpg

本当の”癌”はこの純正マスター。正直ストックのブレーキキャリパーやローターのままだとしても、ブレーキマスターさえニッシンやブレンボなどに交換すれば必要十分に効きます。タッチも国産車のように指先でコントロール出来る程良くなります。

R9247130a.jpg

外したブレーキ回りは必ず水通ししてエアブローします。フルードがそのまま残っていると再使用しようかと思った時にはO/Hが必要になったりします。

R9247131a.jpg

洗浄終了。オーナーさんにお返しします。

R9247132a.jpg

ブレーキローターはフローティングピンのタイプをチョイス。

R9247133a.jpg

R9247134a.jpg

とりあえずローターとキャリパーが交換出来ました。

R9247135a.jpg

ハーレー用の社外ブレーキホースがブレンボユニットに使えるのか正直分からなかったのですが、バッチリフィッティング出来ました(ハーレーはインチ基準、ブレンボはミリ基準)。取り回しも踏まえ満足する仕上がりです。ブレーキラインがビシッと付くと本当に気持ち良いです。

R9247136a.jpg

R9247137a.jpg

フロントのブレーキスイッチを引き出します。社外マスター化で唯一面倒なのはこの作業くらい。

R9247138a.jpg

R9247139a.jpg

当たり前に最高なフィールです。握り切った時のフワフワした感じもなくカチッと節度ある握り具合。レバー比が変わるので好みで握り代を可変出来ます。

R9247140a.jpg

お次はキャブレター。

R9247141a.jpg

ラージCVキャブにサンダージェットです。ウチではやった事が無いです。

R9247142a.jpg

JIMS製の「扇風機」。外しておいて下さい、とのリクエストですので外します。百害あって一理なし。

R9247143a.jpg

R9247144a.jpg

ハーレーらしさ、という部分ではHSRが一番ではないでしょうか。基本CV仕様にはボルトオンなので簡単で気楽です。

R9247145a.jpg

R9247146a.jpg

とりあえずここまで完成。キャブ調整もHSRは楽です。

R9247147a.jpg

良い感じですね。あとはリアブレーキ回りをやり直すかどうか明日決めます。

R9247148a.jpg

明日は外注先に出る用事があったので閉店後走らせてみました。

R9247151a.jpg

フロントブレーキは必要十分効くのでフロント重視の当方の場合だとリアはこんな感じで良いです。Nさん、一度乗ってもらってからでどうですかね??
キャブはやっぱりHSRの方が百倍良いですよ。笑

R9247152a.jpg
関連記事

| Big Twin | 21:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT