MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'00y FXDX 整備。

今日は1日DXを整備してました。

R9246707a.jpg


まずはショートしたステーターを交換します。電装系の部品は高価でも純正が最も信頼出来ます。

R9246708a.jpg

R9246709a.jpg

R9246710a.jpg

オルタのマグネットも弱っていたのでこのタイミングで一緒に交換。新品は磁力が全く違います。

R9246711a.jpg

トバす車両では百害あって一理無し、のオートテンショナーを外します。前オーナー様の時代にセットされており、そのままにしてありました。

R9246712a.jpg

テンショナー固定ボルトが変わっていたので別の部品取り用パーツから外します。

R9246713a.jpg

R9246714a.jpg

またこの車両にはBAKERの1次ドライブのファイナルを変更するキットが装着されていました。こちらも外します。

R9246715a.jpg

エンジンスプロケットが大きくなるので1次チェーンが溶接されています。これはどうなの、って感じですよね。笑

R9246716a.jpg

エンジンスプロケットが大きい為、インナープライマリーに干渉しやすいです。

R9246717a.jpg

こちらがBAKER。

R9246719a.jpg

これがストック。

R9246720a.jpg

1次チェーンテンショナーも固定式に戻し、フルストックで組み直しました。チェーンのテンションは定期的に調整する必要はありますが、ケースへの干渉は皆無。

R9246721a.jpg

R9246722a.jpg

R9246723a.jpg

R9246724a.jpg

プライマリーカバーガスケットが落ち着くまではオイルは入れずに始動。停止時電圧。

R9246725a.jpg

1000rpmアイドリング時。エボと同じ32A仕様でも新品ローターだとここまで電圧が上がります。修理完了です。

R9246726a.jpg

あとは一般整備。これはプライマリードレンボルトではありません、なんとT/Mドレンボルト。ツインカム車両でここまでスラッジが入り真っ黒になったミッションオイルを見たのは初めて。乗り方もマズイしオイル管理も最悪。

R9246727a.jpg

エンジンオイル、ブレーキフルードなど油脂類は全滅状態。どれも酷い状態です。TCは丈夫ですから簡単には壊れませんが、乗りっ放しでは乗る資格なし。
結局メンテナンスが出来てないと今回のステーターのように壊れて高い代償を払う事になってしまいます。TCのステーターはまず壊れませんから、今回は人為的なトラブルです。

R9246728a.jpg

R9246730a.jpg

オイル類は全交換、他にも細々した部分を修正し、ほぼ整備は完了です。

R9246731a.jpg
関連記事

| Big Twin | 19:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT