MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'87y XLH883改1200 ナラシ走行2回目。

今日も一日テスト走行でした。

R9245718a.jpg


ようやく晴れたので今日は午前中から支度をし、XLのテスト走行2回目を行いました。

前回ナラシを終えていた2600rpm辺りまでの再チェックを兼ね、まずは一般道を40キロ走行。
信号が全く無い為自在に加減速が出来る長良川堤防道路を使い、追い越し加速を交えながら偶に3000rpmまで回します。

今日はガス欠を喰らわないよう、マメに給油。笑

R9245708a.jpg

30キロ程堤防道路を走り一旦エンジンを冷やします。此方ではお馴染の”お千代保稲荷”です。

R9245709a.jpg

丁度昼時だったので有名な”山川屋”さんで昼飯を食べ、お稲荷さんにお参り。”お千代保さん”は商売繁盛のお稲荷さん。ここは串カツや川魚料理も有名です。

R9245711a.jpg

R9245712a.jpg

R9245713a.jpg

R9245714a.jpg

今日は猛烈に風が強く、堤防道路は吹きさらしな為思うように走れず。このまま店に戻るのもなんなので、更に北上し名神高速岐阜羽島インターから高速に上がる事に。

R9245715a.jpg

R9245717a.jpg

岐阜羽島インターからから上りの名神高速に入り、東名→伊勢湾岸とグルリと回って約130km。名神では丁度追い風になっていたので2700~3000rpmで走行。
3000rpm回っていると車速は丁度100km/hほどですから追い越し車線にも入れ楽です。但し2600rpm辺りに比べると振動が出るので少し腕は疲れます。

今回初めて100km/hで走らせて気がついたのですが、この車両はリアの車高が上がっている事に加え、Fフォークは33mm突き出ししている為かなりキャスターが立ってます。ハンドリングはクイックで楽しいのですが、思いのほかフロント荷重になっており、その割にFサスは硬めのセットアップなので不意にギャップがあると不安定な挙動をします。

もともとリア荷重なハーレーを国産のようなディメンションにすると起こりがちなのですが、Fサスの動きが硬くて跳ねている感じがします(当方の体重の軽さもありますが、、)。フロント荷重になっている分、サスのストロークの初期を柔らかくしなやかにして、奥で踏ん張る感じにリセッティングすると更に乗り易くてギャップでも舐めるような走りになると思います。

R9245719a.jpg

豊田JCT手前でまた給油。スポーツスターはこのカタチが一番格好良いですよね!とスタンドのおにーちゃん。
GSX-Rもそうですが、NS400RやこのXLなんかでも、古い単車はやたら声を掛けられてしまいます。

R9245720a.jpg

風の強い日は湾岸ヤバイよなぁ・・なんて思いながら伊勢湾岸に入りましたが、予想通り強烈な横風。70km/h以上は危なくて出せません。高い橋の上では60km/h位で走って伏せていても飛ばされそうで本当に怖かった。こんな時車体が軽く高重心な単車は本当に風に弱いです。

ともあれ、無事帰店。

R9245721a.jpg

結局トータルで400キロ走行。気になる箇所はありますが、まんざら悪くないし、ナラシ後の対応の方が良い部分が多いので、これにてオーナーさんにナラシを委ねます。

R9245722a.jpg

最後にエンジンオイルとオイルエレメントを交換。流石のロイヤルパープルでも若干鉛色の溶けたスラッジがドレンしたオイルの最後で混ざっています。今時のツインカム車両+今時のピストンならこんな事はまず無いのですが、ショベルやエボ、古い設計のパーツを使った車両の初期ナラシが如何に重要かが分かるかと思います。

R9245723a.jpg

R9245724a.jpg

R9245725a.jpg

明日一旦納車させて頂きますが、ナラシ終了後、夏までに対応させて頂きたい事柄は下記のとおり。

①油温が上がり、油圧が落ちるとタペット音が出ます。少し吹かしたり加速したりして油圧を上げると消えるレベルですが、真夏の油圧低下時、特に渋滞に巻き込まれてしまった場合にはかなり音が出ると思います。プッシュロッドをアジャスタブルに変更する事が賢明であると思います。※勿論アジャスタブルを入れても渋滞に巻き込まれオーバーヒートさせてしまえばエンジンを一旦切って冷やす以外方法はありませんが(笑)、動弁系からのノイズは必ず少なくなります。

②相変わらずエンジンが暖まるとアイドルが安定せず、終始上がり気味です。アイドルスクリュー調整で事足りる、と言ってしまえばそれまでですが、エアジェットやミクスチャースクリューで何度も調整しましたが、症状は同じな為、やはりインマニのインテークOリングが怪しいと思います。ディーラーさんでも散々調べましたが、流用したインマニは見当たらず、Oリングも何用なのか分かりません。ハーレー用ではない可能性が高いです。ついては今後ハーレー用のスピゴットに戻し、インマニを含めた全てをH-D製で統一するべきだと思います。

③ワンオフしてあるエアクリーナーバックプレートの空気取り入れ口が狭いのでエアーが足りてないと思います。エアクリーナー全周から空気を取り込む事が本来ベストですので昔あったSEのハイフローA/Cなどのバックプレートに変更するか、もしくは現在のものをカットしたり、一回り小さくすると良いと思います。エアクリーナーカバーを脱着するとアイドルが変化するので多分間違いないと思います。


R9245726a.jpg

ともあれ、3000rpm辺りで走らせた後の2500rpm前後は頗る調子が良く、80km/h辺りからの4速ホールドしたままの加速は癖になる楽しさです。残り500キロのナラシをお任せ致しますので宜しくお願い致します。

R9245730a.jpg

※明日4日はこちらのXL納車、その後FXDBのクイック作業が入っています。ちょっとバタバタでご迷惑をお掛けするかもしれません、スミマセン。
関連記事

| Sport Ster | 19:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT