MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'87y XLH883改1200 Rブレーキ交換。

リカバリー作業です。

R9245668a.jpg


先日オーナーさん部品持ち込みで交換を依頼されたリアのブレーキキャリパー。PM製なのですがフィッティング時にキャリパー位置というかキャリパー取付ボルト方向を勘違いし、装着出来ないと判断しました。
しかし、本日オーナーさんから送られてきた画像を拝見するとキャリパー取付ボルトがまさかのイン側から刺さっています、、、当店ではPMキャリパーは一切扱っておりませんので知らなかった訳です。

そんな訳で本日リカバリー作業。

先日の作業時にリアのアクスルシャフトがなかなか抜けず苦労したのですが、気になっていたのでもう一度確認。旋盤にセットし曲がりを確認しましたが問題無し。

R9245670a.jpg

傷が多かったのでサンディング。アクスルシャフト位の精度があるものだとペーパーを当てるだけでも随分変わります。

R9245671a.jpg

極端に当たっているのがスイングアーム右側。かなり傷んでます。

R9245672a.jpg

社外のアクスルスペーサーブロックも疑いましたが、こちらは思いのほかプラス公差で問題無し。

R9245673a.jpg

アクスルシャフトのネジ山が傷んでしまう程叩かないと抜けませんでした。傷んだ部分を2山程カット。

R9245674a.jpg

それでもやっぱり当たっているんですよね。結局スイングアームの歪みではないかと推測します。ショベルBTでもよくあります。スイングアームはただの角パイプを溶接しただけのものですし、この頃のスイングアームはアクスルを強く締め過ぎると直ぐに各パイプが凹んでしまう位肉厚が薄いので案外簡単に歪むのかもしれません。いつか、どこかのタイミングでスイングアームを交換すると良いかも。ホイールベアリングやアクスルシャフトに負荷が掛かるのは良いとは思えませんので。

R9245675a.jpg

で、PMキャリパーをセットする準備。

R9245676a.jpg

R9245677a.jpg

位置決め。キャリパー取付ボルトが裏側?というか車体右側から突っ込んでいるのが分かるかと。

R9245678a.jpg

まずは付属のアクスルカラーでセット。外側を交換しただけではキャリパーサポートがホイールボスに干渉。

R9245680a.jpg

当然キャリパーのセンターも出ず。

R9245681a.jpg

この車両、ホイールがワイズの異なる18インチに変わっている事に加え、ハブダンパースプロケットが装着してあるので以前お世話されていたショップさんがワンオフでかなりの部分を造られております。よって、ストック用の部品がそのまま装着出来る筈が無く、アクスルカラーの加工、もしくは製作は必要だと踏んでました。

R9245682a.jpg

しかし、上手い具合に良いサイズのカラーが手持ちであった為、そちらに交換。キャリパーのセンターもシム無しで出ました。

R9245684a.jpg

あとは組むだけ。

R9245683a.jpg

で、完成。

R9245685a.jpg

ボチボチ完成ですので昨日車体は磨いておきました。綺麗になりサッパリしました。

R9245686a.jpg

作業が終わると外した部品を必要であれば洗浄し、パーツ毎にまとめて梱包。

R9245687a.jpg

R9245688a.jpg

P.S. H君エンジン引取り感謝です。オイルパンはもう少々お待ち下さいマセ。
関連記事

| Sport Ster | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT