MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

T-man TC98-FXR / '87y XLH883改1200。

次々進めないといけないのですが、、

R9245610 のコピー


去年7月にオーダーしたリベラ・プリモのインナーベルトドライブがB/Oのままで、去年末ようやくオーダーが入ったと思ったのですが、またB/Oになったというファックスが届きました。。もうプリモはエボ用インナーベルトタイプを作らないのかもしれません。本当に困ったものです。

R9245604 のコピー

で、運良く中古キットを入手したのですがこれがソフテイル用。それでも何とか流用できないものかフィッティングをみます。

R9245605 のコピー

スターターリングギアのオフセットと歯数、ベルト山サイズ、エンジンプーリーの大きさなど異なるかもしれない箇所は多岐に渡ります。

R9245606 のコピー

R9245607 のコピー

スターターピニオンシャフトはソフテイルの年式に合わせる事でクリアできそうです。クラッチパックもエンジンFスプロケットも何処にも干渉しません。

R9245608 のコピー

FXRとソフテイルではもともとベルト山のピッチ(大きさ)が違います。ソフテイルピッチでFXRの長さのベルトがあれば使える、という事になりますが、そんなものは多分ありません。駄目元と思って検証しましたが時間の無駄でした。。やっぱりFXLRレーサーから外すしか無いのでしょうかねぇ。

R9245609 のコピー

さて、XL。本日もまずはヒートサイクル。エンジンが温まると終始安定してますが、冷間時のスタートがどうにも不安定。偶にキャブからバスっとバックファイヤーも出ます。

R9245603 のコピー

やっぱり気になります。で、キャブ回りを見直します。

R9245611 のコピー

エンジントップハンガーを装着する際は位置を出しながら各ボルトを徐々に締め付けます。ハンガー自体が反るので少し穴位置がズレていても装着出来ますが、実際のズレはこれ位ありました。これでもハンガーを押さえつけながら装着するとボルトが入ってしまいますが、これでは気分が悪いですよねぇ。やっぱりハンガーは交換します。

R9245612 のコピー

R9245613 のコピー

ここまでのヒートサイクルでインマニ回りのトラブルは無いものと判断。ですのでマニは変更しません。

R9245614 のコピー

R9245615 のコピー

となれば疑うべきはキャブレター。装着から1万キロ程の走行だという事。ニードルジェットを外して直ぐ理由が分かりました。幾度となく対応した事例です。

R9245616 のコピー

ミクスチャースクリューは埋められています。当然破ります。

R9245617 のコピー

スライドバルブのフラップ側に付くシールも駄目になり易い場所。問題があると今回のような症状が出るのでチェックしましたが、こちらは問題無し。

R9245618 のコピー

ボディはとても良い状態で磨耗も最小限。磨耗している場合ビックローラーで逃げるという手もありますが、通常ボディが駄目だともう交換しかありません。

R9245619 のコピー

R9245620 のコピー

前記したエンジントップハンガーはS&S製に交換。2分割式です。

R9245621 のコピー

IGスイッチも移設。不要なFCRのチョークは撤去。

R9245622 のコピー

キャブやエアクリーナーといった補器類をセットした後、修理から上がってきた外装に戻しました。その際に細かなボルトもリファイン。
ナイロンワッシャーやテーパーワッシャーを適応適所に使いダイヤモンドE/Gのボルトに交換。ボルト&ナットだとメトリックを使いがちですがインチで統一します。

本当に地味な部分ばかりで気がつかない方も多いですが、当店の小さな小さな拘りです。

R9245624 のコピー

キャブをやり直した結果は、、一発始動しアイドルは終始安定。無駄にアイドルスクリューをグルグルと回す必要もありません。ミクスチャースクリューについてはデフォルト?より少し絞り込んでベストな状態です。これなら始動時何度もセルを回す必要も無いのでバッテリーに負担をかけません。
何よりズドン!と一撃で始動出来る事こそFCRの利点ですから、見直してみて良かったです。

R9245625 のコピー

車体はこれにてコンプリート。あとは時間を割いて走らせます。
エンジンを馴染ませ、車体に問題点が出てこないかを検証します。

R9245626 のコピー
関連記事

| Sport Ster | 20:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT