MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXS(ブラック/ゴールド)32A化と仕上げ。

今日は一日中雨でした。

R9244738a.jpg


32A化の部品が届いたので早速逆の手順で組み立てます。流石は国内在庫有り、クイックですね。

R9244739a.jpg

ショベルヘッドで面倒なのがこの1次ドライブチェーンへのオイル注油システム。3本のホースがあるのでまずはそれを外さなければインナープライマリーの脱着が出来ません。特に組み上げる際狭いトコロなので苦労します。

R9244741a.jpg

R9244742a.jpg

R9244743a.jpg

R9244744a.jpg

インナープライマリーのドレンボルト部分のネジ山が馬鹿になっていました。どの道エボのようにドレンするものでも無いので嵌め殺しとしました。

R9244745a.jpg

出来るだけ長い時間オイルリークをさせない為、適材適所に処理を行います。部品そのものの材質や精度の悪いショベルは特に気を付けなければならない部分です。

R9244746a.jpg

続いて右サイド。バッテリートレーのラバーブッシュが千切れてしまうのは定番のトラブル。今回リチウムバッテリーでの軽量化でほぼ無くなると思います。

R9244747a.jpg

R9244748a.jpg

R9244749a.jpg

R9244750a.jpg

R9244751a.jpg

R9244752a.jpg

バッテリー電圧は車両静止状態でも32A化でご覧の通り。ノンチャージの同じリチウムバッテリーです。プライマリーカバーに併用する液状ガスケットが硬化するまではエンジンを始動出来ませんから一晩放置します。

R9244753a.jpg

今回は単なる"修理"作業ですので何も建設的な事がありませんでしたが、個人的に最もお気に入りなのはこのウインカーの配線。純正配線のまま継ぎ目なく、タイラップを使わずとも適度な長さと弛み具合(笑)。 まぁ理解出来る方はほとんどいないかと。。

R9244757a.jpg

ウインカー、ホーン、スピードメーターケーブルをやり直し、車両完成しました。あとは徹底的に走らせて調整するだけ。

R9244754a.jpg

さて、こちらも作業再開します。スミマセン。

R9244755a.jpg
関連記事

| Shovel Head | 20:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT