FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'67y XLCH 900 FフォークO/H。

走行中にFフォークアッパーボルトから盛大にオイルを吹いた為、Fサスペンションのオーバーホールを行います。

R0014109.jpg



かれこれ5年ノーメンテだった為フォークオイルは劣化と汚泥で酷い状態です。このショックユニットは1959~1969yモデル用のH-D純正サスでダウンチューブにアッパーシールを内蔵していないタイプです。

通常ダストブーツ側でシールしているのですが、この車両の場合ブーツはあくまで飾りみたいなものでしたから、ダウンチューブからオイルの漏れるのは仕方のない事かもしれません。
インナーチューブはショベルFX系と同じトップがテーパータイプになった35φですが、トップボルトのOリング劣化が今回のオイル漏れの原因です。

とりあえず全てバラして洗浄。インナーロッドの虫食いが酷いです。

R0014113.jpg

ブレーキ・シューも限界なので要交換です。

R0014111.jpg
関連記事

| Sport Ster | 17:16 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

>Xさん

この車両は極端にローダウンされて製作されています。本来この年式でもダンパーユニットなども内蔵されていると思うのですが、画像のように一切を取り払われ、スプリングのみで支えているような格好になっています。ですから伸び側の抑えなんてものはありません。オイルも摩擦を減らすだけの目的であって粘度も何もあったものではない訳です。
スライドメタルもありませんが、アウターチューブ内部に圧入されたブッシングは存在しています。

ともあれ"見た目最重視"で正直サスペンションの意味はありません。
こういった世界観も少なからずあるという訳ですね。

ウチの方向性とは真逆のカスタムですが、こういったカスタマイズを施すお店もありますから、それは個々の価値観だと思います。

| mie4speed | 2007/08/31 23:11 | URL | ≫ EDIT

いつも大変興味深く拝見しております。
アイアンのFフォークの部品ですが、ダンパーチューブの形状はこれ?どうなっているのですか?
減衰力の発生メカニズムはどうなっているのでしょうか?
リバウンドスプリングもないのでしょうか?
スライドブッシングなども無いのですか?

| X | 2007/08/31 21:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT