MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'97y T-man 103cu" FLSTF カム回りのチェック。

本日はFLSTFの作業です。

R9241052a.jpg


ピストンの破片が粉砕しオイルに交じって回ってしまっていたので、念の為にカム回りをチェックしておく事にしました。

R9241053a.jpg

R9241054a.jpg

R9241055a.jpg

オイルポンプギア自体は硬度があるのでアルミの破片位は砕いてしまうのですが、アルミのボディ側がダメージを受けるので、全バラしてチェック。カム、ポンプ、サポートプレート共に問題ありませんでした。ホッと一安心。

R9241056a.jpg

但しピニオンシャフト側には少しストレスのかかったような形跡が。フラット面だけですので大きな問題はありません。

R9241057a.jpg

インナーカムベアリングにもアルミの粉が回っている可能性があるので交換しておきます。実際ベアリングのニードルに左右方向のアソビが大きかった為、チェックしておいて良かったと思います。インナーカムベアリングの粉砕は即エンジンブローに繋がりますので兎に角交換しておいて損はしません。

R9241058a.jpg

R9241059a.jpg

R9241060a.jpg

R9241061a.jpg

現在S&Sでも3ステージオイルポンプが販売されていますが、こちらが本家本元、最初に自社開発してパテントを取得しているのがT-manです。当方のレース車両では全てこちらの3ステージを使っています。何と言ってもボディ削り出しでこの肉厚ですから、屈強なのは間違いないと思います。

R9241062a.jpg

R9241063a.jpg

R9241064a.jpg

R9241065a.jpg

リカバリー完了。エンジンオイルも入れました。予算の都合で当初腰下は手を付けないつもりでしたが、やっておいてモヤモヤした気分が晴れました。

R9241066a.jpg

夕方になってからクイック作業で'06y FLHTCU-Iが入庫。S&S106ストローカーで組んだウルトラです。バッテリーが死亡したまま一年位放置プレイ状態だったのですが、ようやくバッテリーを交換して再始動させたみたいです。エンジンオイル、プライマリーオイル、エンジンオイルエレメントを交換しました。

R9241067a.jpg

今日は親子で走りに行ってたようで。息子さんのFXDXも元気に走り回っているようです。

R9241068a.jpg

R9241069a.jpg

オマケの画像はこちら↓

NS400Rです。

関連記事

| Engine Maintenance | 20:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT