MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'82y FXB 配線作業。

今日も暑いです。

R9240892a.jpg


昨日~一昨日は急遽店を閉めて山形~新潟へ出掛けていました。(突発的でスミマセン)個人的な理由ですので詳しくは書きませんが、レース前に足を運んでおいて良かったと思います。

で、本日もFXBの続きです。

メインハーネスを交換するので左右ハンドルスイッチの配線も長さを詰めます。この年式のハンドルスイッチハーネスは白い配線チューブが被せられていますが、経年劣化でボロボロと割れてしまいます。ショベル初期の灰色のビニールチューブが被っているハーネスは肉厚もあって丈夫ですのでこのような状態にはなりません。

R9240893a.jpg

もともと1982yFXBだとドラッグバーではなくプルバックハンドルですので配線が長くなってしまいます。そこでカットはせずヘッドライトシェル内部に引き込んでおきます。

R9240894a.jpg

引っ張り込んだ分の配線チューブは皮膜を剥いておきます。

R9240895a.jpg

リアフェンダー部分にマウントされたサーキットブレイカーホルダーが一個千切れてありませんでした。もう一度リアフェンダーを外してホルダーをリベットで取付。2度手間でした、、、

R9240896a.jpg

折角リアフェンダーを外したので、序に細かな部分を手直ししておきます。リアフェンダーマウント用の純正スチールカラーを少し削り、

R9240897a.jpg

フェンダーとカラーの隙間にスチールワッシャーが入る分だけ削り、ワッシャーをセット。オリジナルはスチール製のカラーだけでマウントされていますが、"面"でなく"線"で当たっている為この部分からフェンダーにクラックが入っている車両を多く見かけます。そこでフェンダーの表と裏にワッシャーを追加して、面でフェンダーを支えるようにしておきます。非常に地味ですが、効果はありますのでお試しあれ。

R9240898a.jpg

ショベルでは車体の各部に配線やブレーキホースを支える為の細いボルト穴がいくつも開いています。ネジ山が傷んでいる箇所も多いのでタッピング。無理にねじ込むと細いボルトなのでポキッと折れてしまいます。

R9240899a.jpg

R9240900a.jpg

1980~1981yのFXBと1982yのFXBではシートポスト裏側の補強プレートの形状が異なります(1982yは補強対策されています)。よってメインハーネスが通る位置も微妙に異なりますので、熱的に厳しい部分は予め耐熱バンテージを巻いておきます。
因みに前期FXBではシートポストプレート内部をハーネスが通りますので、見た目にスッキリしています。

R9240901a.jpg

ガソリンタンクやメーターユニットをセット。

R9240902a.jpg

マフラーも付けました。

R9240903a.jpg

あとはキャブレターと点火ユニットを付ければ火が入れられるレベルです。

R9240904a.jpg
関連記事

| Shovel Head | 18:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT