MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'89y FXR 1次ドライブの組み立て。

今日は暖かな1日でした。

R9238749 のコピー


今日は天気も良かったのでこのチャンスに作業順に車両を入れ替えました。

R9238750 のコピー

こちらの883カップレーサー、春までに保安部品を装着し車検を取得するようお預かりしていたのですが、当分作業が出来ないので一旦持ち帰って頂く事にしました。保管スペースの確保にご協力頂き誠に有難う御座います。

R9238748 のコピー

そんな本日はFXR。仮搭載だったケースを位置決めします。

R9238751 のコピー

フロントのエンジンマウントは中古ですが少しでも高年式モデルのものを流用します。またエンジンの位置が決まるまではフリーの状態です。

R9238752 のコピー

インナープライマリーを仮付けし、パンタグラフジャッキで位置を調整しながらセンターを出します。

R9238753 のコピー

フロントのエンジンスタビライザー長は必ず調整します。両端のピローボールの角度がそれぞれの取り付け面に対して90度になるよう位置を合わせます。レギュレターは32Aに戻しました。

R9238754 のコピー

お客さんの差し入れで一服。

R9238755 のコピー

エンジン位置が決まったらインナープライマリーを一旦外し、メインシャフトベアリングやスターターシャフトシールを交換します。

R9238756 のコピー

1989yモデルだとインナープライマリーベアリングはエボで最も古いタイプ。高年式の純正ベアリングに交換します。ローラー数も多く、ベアリングケージの強度も高くなっています。

R9238757 のコピー

R9238758 のコピー

R9238759 のコピー

ベアリングを交換したらオイルシールも。左側が高年式用のダブルリップになります。因みに上を向いている面がオイルサイドになり、旧タイプとは逆向きのような感じになるので注意が必要。

R9238761 のコピー

R9238760 のコピー

スタータージャックシャフトのオイルシールが2個入ってました。何故でしょう?

R9238762 のコピー

T/Mのシフトリンケージのスプラインが減ってグラグラでした。他の中古T/Mから外したものに交換です。

R9238763 のコピー

R9238764 のコピー

インナープライマリーのセットが完了。

R9238765 のコピー

次は1次ドライブ。1989yはテーパーキータイプの旧クラッチハブ。ダイヤフラムスプリングを抑えるプレートは3種類の穴位置で調整が可能。

R9238766 のコピー

R9238767 のコピー

1次ドライブ完成です。

R9238768 のコピー

R9238769 のコピー

R9238773 のコピー

オマケの画像はこちら↓

なんだかここ最近調子を崩してきたFXB。閉店後少しづつ調整をしてみているのですが、、、久しぶりにハマってマス。涙

R9238770 のコピー

R9238772 のコピー

R9238771 のコピー
関連記事

| Engine Maintenance | 00:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT