MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXB ケース組み立て。

今日から頑張ってショベルも組みます。

R9238699a.jpg


フライホイールは既にアッセンブリされていますのでケース側の準備を行います。まずはケースに残っているベアリングやレースを外します。

R9238700a.jpg

R9238701a.jpg

R9238702a.jpg

レフトサイドのティムケンベアリングを外します。

R9238704a.jpg

R9238705a.jpg

交換したパーツ。

R9238706a.jpg

R9238707a.jpg

面倒なケースのクリーニングです。強烈に固まったガスケットを剥がすのは毎度骨が折れますが、ここはひたすら忍耐で頑張ります。

R9238708a.jpg

R9238714a.jpg

ケース合わせ面もご覧のとおり。エボに比べても更に酷いのがショベルヘッドです。

R9238715a.jpg

イロイロなものを使ってクリーニングします。アルミ屑を噛み込んで盛り上がった部分などは棒ヤスリで丁寧に削り取ります。

R9238717a.jpg

またケースの合わせ面内側と外周全体を、やはり棒ヤスリを使って45度のC面を作っておきます。バリや凸凹も多いので、特にショベルは念入りに行います。ツインカムでは最初からC面に処理されています。

R9238722a.jpg

ケース合わせ面はホーニングでツルツルにはせず、こちらもまたTCのケース同様クロスハッチのようなヘアライン跡を残すようスチールブラシをかけます。液状ガスケットの保持を少しでも良くする目的です。

R9238719a.jpg

最後に洗浄してケースクリーニング完了。納得出来るレベルまで綺麗になりました。これで気持ち良くフライホイールが組めます。

R9238723a.jpg

R9238724a.jpg

R9238725a.jpg

R9238726a.jpg

R9238727a.jpg

R9238728a.jpg

ピニオンレースを再度計測。今回ライトサイドケース側のレースはOKでした。ラッキーです。

R9238729a.jpg

R9238730a.jpg

R9238732a.jpg

FXBの腰下完成です。なんとか今日一日でここまで辿り着けました。

R9238733a.jpg

気がつけばショベル、エボリューション、ツインカム3種類のケースアッセンブリが揃っていますね。TCはあと2機フルオーバーホールが待っています。全く終わりが見えません。

R9238734a.jpg

オマケの画像はこちら↓

'00y FXDXやS&Sカップ・ドラッグレーサーで使うエンジンパーツがパウダーコートから上がって参りました。他にもヘッドが2セットやその他諸々も一気に届きました。何故か重なる時は重なります。検品と梱包材の後片付けも馬鹿になりません、、

R9238709a.jpg

こちらは'00y FXDXで使う為、店に在庫してあったものを全てリンクルブラックでパウダーコート。純正のP/Cよりキメが細かくチヂミ具合が一定ですのでとても綺麗です。表面の硬度は純正リンクルの比ではありません。

R9238712a.jpg

こちらはドラッグレーサー用。マルマスレーシングでお馴染のカラーリング。笑

R9238711a.jpg

雰囲気はこんな感じになります。シリンダーはJEのO/Sピストンに合わせ、これからダミーヘッド・ボーリングに出します。

R9238713a.jpg
関連記事

| Shovel Head | 20:09 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT