MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'97y FLSTS S&S 89"クランクケース車体搭載。

今日は暖かい一日でした。

R9238505a.jpg


今日はお正月以来久々に暖かかったので、店の前を走り去る単車が多かったです。こんな日は沢山お客さんが来るか、もしくは全く来ないかのどちらかなのですが、本日は残念ながら後者だったようで、、、どんどん作業を進めます。

ソフテイルフレームの場合、クランクケースを車体にセットしてしまうと厄介な部分が多い為、ケース単体のうちに出来るところはなるべく組んでおきます。カムカバー下側のオイルラインもそのひとつ。

R9238506a.jpg

オイルホースは拘りの純正、クランプは純正同様カシメを使いますが、こちらは純正の鉄製は使わずクオリティの高い社外のステンレス製を使用。一般的なネジ式ホースバンドは素人っぽいので使いません。笑

R9238507a.jpg

ケースアッセンブリを車体にセットしました。

R9238508a.jpg

R9238509a.jpg

このタイミングで1次ドライブ回りのパーツを洗浄し、パーツをチェック。

R9238510a.jpg

R9238511a.jpg

ステーターコイルは熱による経年劣化で配線の皮膜がボロボロ。硬化してパラパラ剥がれます。H-D純正品ですので新車からのものなのでしょうか?そう考えると既に15年以上経っているので致し方無いのかもしれません。こちらは同じく純正新品に交換します。

R9238513a.jpg

インナープライマリーは1次チェーンが干渉した跡が。チェーンの張りが足りなかっただけなら良いのですが、チェーンが伸びているようならプライマリーチェーンは交換です。

R9238514a.jpg

アウタープライマリーはクラッチシェルに装着してあったバランスマスターが干渉しています。アウタープライマリーの内側リブを数枚削れば済むハナシなのですが、今回VPクラッチを装着するのでバランスマスターは外します。

R9238515a.jpg

R9238516a.jpg

インナープライマリーカバーを仮り組みして、エンジンとT/Mのストレートラインを出します。

R9238517a.jpg

インナープライマリーカバーの取付ボルト全てを規定値で締め、4本のエンジンケースマウントボルトが取付穴のセンターに位置していればOKです。無理なくボルトが上下に動くようなら問題ありません。

R9238518a.jpg

ケースボルト4本を本締めして、ケースの車体へのマウントはこれで完了。ステーターコイルや、肝心のS&S製シリンダーが未だ届いていないので、しばし作業はストップです。

R9238520a.jpg

R9238519a.jpg

※明日は外注先を数件回るかもしれません。ご来店の際は一度ご連絡を頂ければ幸いです。
関連記事

| Engine Maintenance | 17:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT