MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'97y FLSTF / '97y SE103 FLSTF 作業。

急激に冷え込みました。もう冬の様相です。

R0048148a.jpg


部品が届くのを待つ間、昨日届いていたTC88のトランスミッションと、FLSTSの車体をクリーニングしました。いつものようにガソリンスチームです。新しく組み上げたエンジンを汚れたままの車体に搭載するのは気分が悪いですからね。

R0048149a.jpg

R0048150a.jpg

R0048151a.jpg

スプリンガーに使うティムケンのメインベアリングが届いたのでレースを組んでおきます。

R0048153a.jpg

R0048154a.jpg

オイルポンプを洗浄して組んでおきます。チェックボールのトップキャップが傷んでいたので嫌な予感はしていたのですが、馬鹿程締めてあり全く回りません。ヒートガンで炙ろうがインパクトドライバーで叩こうが緩まなかった為、最後はプレスでオイルポンプを保持しておき、バイスクリップでトップキャップを強引に回してようやく外れました。トップキャップにはOリングもあるのでそう強く締める必要も無い訳ですが、、無駄に時間を浪費。ボディが歪んだら終わり、ですので緊張しました。

R0048155a.jpg

R0048156a.jpg

R0048157a.jpg

R0048158a.jpg

メインベアリングレースを入れ替えなければならない為、作業はここまでで一旦ストップです。

R0048159a.jpg

さて、続いてはSE103を搭載した'97y FLSTFです。更なるパワーアップを行い、湾岸でのスピードアップを狙います。

R0048160a.jpg

R0048161a.jpg

ぶっ飛ばすオーナーさんに合わせたジェッティングを行っており、納車前にもインターミディ、メイン共に上げていたのですが、、まだ全然足りてません。恐るべし。

R0048162a.jpg

R0048163a.jpg

現在は少し優しい感じのカムが入っているのですが、ちょっと特殊なカムに交換し、それに合わせたフローのヘッドチューンを施したいと思います。パワーで15~20ps、トップスピードでも15~20km/hアップを狙います。
レースでもストリートでもヘッドワークが肝心要となりますが、ビックバルブは勿論の事、ポートの流入出角度まで変更するフローベンチを使ったCNCポート加工は、ハーレーのエンジンにおいては"トドメ"とも言えるチューニングメニューです。

R0048164a.jpg

R0048165a.jpg

Oさん、一時引取りヨロシクです。笑

R0048167a.jpg

ウルトラのステッピングモーター・タコメーターも届きました。イロイロな車両にセットします。

R0048152a.jpg

そんな感じで今日はおしまい。今日届かなかったFXRのケースやクランクが明日には届くと思いますので、明日も仕事になると思います。
関連記事

| Engine Maintenance | 20:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT