MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXE プロクラッチの取り付け。

今日は寒い一日です。

R0047932a.jpg


まずはキッカーカバー側のスローアウトベアリングを修理しないといけないのでT/Mオイルをドレン。なんだか変なモノが出てきました。もともとこういった色のオイルなら良いのですが、、そうでは無いですよねぇ。

R0047933a.jpg

FXEはご存知のようにキックがありません。ですからキッカーカバーを外すのも楽です。

R0047936a.jpg

ブレーキ回りはオーナーさんが作業した、とお聞きしていたのですが、フルードは、、、

R0047938a.jpg

しかし、カバーを外す為にはフロントエキゾースト、リアマスターシリンダーを逃がさないと外れません。1つの部品を外す為、別の部品を2、3箇所外さなければならいないのはハーレーのお家芸。急がば回れ、の精神です。

R0047939a.jpg

キッカーカバー内部にスローアウトベアリングを固定する小さなCクリップの破片が落ちてました。

R0047940a.jpg

R0047941a.jpg

R0047942a.jpg

キッカーカバーを洗浄しました。ダメージはありません。スローアウトベアリングやオイルスリンガー、クラッチプッシュロッドも問題無し。

R0047943a.jpg

序に一次ドライブ回りの部品も一緒に洗浄。

R0047945a.jpg

するとナイスタイミングでプリモのクラッチバスケットが到着。MASAさん、Thanks!早速ちゃちゃっと組んじゃいます。

R0047946a.jpg

R0047947a.jpg

クラッチハブはストックのシェルに圧入します。ストップする位置がハブとツラ位置ではないので注意が必要です。

R0047948a.jpg

またハブを裏側から止めるストッパーリングには必ずマジックで"合いマーク"が記入されています。これを合わせないとキャップボルトの穴位置が合いませんのでこちらも注意が必要です。

R0047949a.jpg

R0047950a.jpg

これで一次側は完了。あとはスローアウトベアリングのCクリップ待ちです。

R0047952a.jpg
関連記事

| Shovel Head | 15:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT