MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'08y SE120R FXDBI / '91y S&S 93cu" FXRS。

今日は3台作業です。

R0047761a.jpg


まずはSE120R FXDBIです。ハンドでのクランキングの後、ロッカーカバーを組みます。エンジンに火を入れる前に何はともあれコンプレッションを計測。フロントバンクと同じ圧縮まで戻り、リカバリー出来ました。

R0047763a.jpg

補器類を繋いでいきます。

R0047762a.jpg

ここで地味に問題発生。フロントバンクのエキゾーストスタッド一本がフランジナット毎外れてきていたのですが、ステンレスのナットが焼けて噛み込んでしまい、炙ろうが何をしようが外れません。このままでも使えない事は無いのですが、最悪ヘッド側が逝ってしまうので、ここはスタッドを新品に交換します。が、TC/EVO用スタッドの持ち合わせは無く、ディーラーにも在庫なし。水曜入荷という事なのでここで一旦ストップです。

R0047764a.jpg

そんな訳で'91y FXRSを作業します。

リアブレーキの効きが以前に比べ甘くなった気がする、というご指摘を受けていましたので検証します。キャリパーは懐かしの鋳造2ポッドロッキードです。

R0047765a.jpg

組んでから間もないのでフルードは紫のままですし、一応エア抜きを更に行いますが特に変わりも無し。ジャッキアップしてブレーキを踏んだ感じは特に問題ないと思うのですが。。ブレーキアームの踏みシロが変わっただけじゃないかと考えたりしましたが、、どうなんでしょ。

R0047766a.jpg

唯一気が付いたのはパッドが左右共に斜めに減っています。ピストンが真っ直ぐ動いていないのかもしれません。

R0047767a.jpg

パッドも減っていましたし、オーナーさんに送って頂いた予備のキャリパーを試してみる事にします。分解、洗浄するにもロッキード用のスペアパーツは生憎持ち合わせていませんですし。

R0047768a.jpg

交換終了。ピストンの動きなのか、それともブレーキパッドの違いなのか、明かに効き方が違うようになりました。浅い踏みシロから踏んだ分だけ効いています。これなら満足して頂けるかもしれませんね。

R0047769a.jpg

R0047770a.jpg
関連記事

| Big Twin | 19:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT