MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'79y FLH 1次ドライブのオイルリーク修理。

台風が近づいています。皆様気をつけて下さい。

R0047498a.jpg


さて、本日もショベルFLHです。この車両は1次ドライブをプリモのキットを使って乾式ベルト化しています。しかし、停めておくとクランクシャフト辺りからオイルがじわーっと漏れるので修理を行います。

R0047499a.jpg

まずは1次ドライブを分解です。ショベルヘッドの場合、インナープライマリーまでを外さないとオルタネーターが外れない為
セルスターターやソレノイドなどを全て外します。整備性の良いツインカムに比べると面倒な事が多々ありますが、偶にはショベルもやらないと腕が鈍ります。笑

R0047500a.jpg

見たところレフトサイドのクランクシャフトオイルシールから漏れているようなオイルの量ではありませんね。

R0047501a.jpg

あ、クラッチユニット全般やスターターなどに問題は全くありません。まぁ組み上げてから2年以上経っているとはいえ、車両組み上げ後の走行距離は400キロ程度ですので当然です。

R0047502a.jpg

インナープライマリー裏側もこのとおり綺麗なものです。2,3年に一度はメンテナンスしなくてはならない4速トランスのメインシャフトオイルシールですが、しばらくは大丈夫です。

R0047503a.jpg

R0047505a.jpg

T/Mケースも凄く綺麗なままです。

R0047506a.jpg

さて、肝心のオイルリークですが、ブレーキクリーナーで脱脂して放っておくと、丁度ステーター下側からジワリジワリと漏れてきます。

前回エンジン組み付け時、レフトサイドのオイルシールとシャフトスペーサーを信頼できるS&S製に交換しています。ですからもう漏れるなんて?な感じだったのですが、まぁ稀に、全くクランクを回さず長期間停めたままの車両だとシールが硬化してて、走り出した途端に漏れる、なんて事はあるといえばあるのですが。

因みに1次ドライブは乾式ですが、レフトサイドのオイルシールは経験上から通常組みとしています。

R0047507a.jpg

原因が分かりました。ステーターコイルを止める4本のボルトのウチの下側一本からのリークです。長期停車した状態だとドライサンプ車両の構造上どうしてもケース内部にエンジンオイルが落ちてしまいます。よって溜まったケース内部のオイルがボルトを伝って漏れ出ていました。

通常キックスタンドで停めると車体は左に傾いたままですので、より漏れやすくなります。ですから当店では出来るだけ車体は真っ直ぐな状態で保管するよう心がけています。
レフトサイドBBにかかる負荷も少しは少なくなりますからね。

R0047508a.jpg

どうして分かったか、といえば、ステーター取付ボルト穴にエアーブローしたところ、このザマに、、、、FUCK OFF。

R0047509a.jpg

なんでもかんでも液状ガスケットを使うのは嫌いですが、ステーターボルト穴には多めに塗り込んで組み直しました。

R0047510a.jpg

R0047511a.jpg

液状ガスケットが硬化するまでこの状態で一晩置き、漏れが無くなっていれば修理は完了です。

R0047512a.jpg
関連記事

| Shovel Head | 16:26 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT