MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'92y TC96-FXR / '97y SE103 FLSTF。

今日は小雨がパラパラ降ったり止んだりのお天気でした。

R0046676a.jpg


昨日完成していたTC96-FXRですが、本日納車予定でしたので最後にテスト走行です。しかし、残念ながら本日は雨の為納車は明日以降に持ち越しです。

R0046670a.jpg

R0046671a.jpg

R0046672a.jpg

最後の最後にちょっとバタバタでしたが、今後の事も含め、納車時にオーナーさんにご説明致します。

R0046674a.jpg

そして、またまたこちらのFLSTF。終わりが見えているようで終わらない、ツインショック・ソフテイルです・・・。

R0046677a.jpg

先月、オーナーさんにお越し頂き、一般道を4~5時間、距離にして200km弱走って頂いておりました。

車体回りは組み上げ時に比べるとかなり落ち着いてきた感がある、というのは汲んで頂いたのですが、やはり油温が上がるとバルブトレイン回りからと思われる、もしくはそれに似た感じのノイズが発生します。
メカノイズが出てきてもエンジンの調子になんら問題は起こらないのですが、ツインカムエンジンで今まで経験の無いトラブルに見舞われています。イヤラシイ感じなので、どうしても原因を追及したいんです。

R0046679a.jpg

どこかで干渉しているのならオイルになんらかの症状が出ても良いもの。200キロ程しか走行していないロイヤルパープルは綺麗なものでスラッジも全くなし。。

R0046678a.jpg

R0046680a.jpg

この車両はもともと当店が組み上げたエンジンではありません。トップエンドは当方が組み直しておりますが、腰下は全く手つかずですのでチェックがてらカムカバーを開けてみましたが、一見した感じでは特に組み付けに問題は無いように思います。

R0046681a.jpg

非常に地味な処置になりますが、ロッカーベースをもう一度取り外してバルブポケットを追加工します。ハイカムを組み込む場合ロッカーカバーを逃がし加工する訳ですが、当初から綺麗にマシニングで加工がされていたものの、逃がしが少し甘い気はしていたので、更に削り込んでクリアランスを確保。

R0046682a.jpg

逃がし加工した部分はブラックのペイントを施しておき、もしバルブのアッパーカラーがヒットした際に傷が分かり易いようにしておきます。

R0046683a.jpg

R0046684a.jpg

R0046685a.jpg

重箱の隅を突くような、、とは正にこのこと。序にロッカーカバーのリブ逃がし加工も更に大きくしておきたいと思います。

R0046686a.jpg

あ、序にこの車両に装着していたオートメーター、突然壊れました。ハズレですかね、、、もうオートメーターは使いたくありません・・・。
関連記事

| Big Twin | 20:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT