MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TC96+T/M 引取 / '09y FLSTF / '97y SE103 FLSTF。

今日も蒸し暑い一日でした。

R0045936 のコピー


朝から名古屋港へ向かい中古エンジンとT/Mの引取です。まずは必要書類を受け取りに海運会社事務所へ向かい、その後荷物が保管されている別の場所の倉庫へ向かいました。

輸入通関は数日前に終わっており、無料の保管期限は本日まで。
エンジン、といってもフレーム搭載されたままのエンジンコンプリートですので180kg以上あります。

R0045939 のコピー

R0045937 のコピー

R0045938 のコピー

爪の長いフォークリフトでハイエースに搭載したまでは良かったものの、さて一体どうやって下ろしましょうか…人海戦術、もしくは車内で分解するしか方法がないので、本日のところはクルマに積んだままにしておきます。

R0045940 のコピー

昨日夕方、ディーラーさんから引き上げてきた当店のお客様の'09y FLSTF。こちらはECMのトラブルです。

R0045933 のコピー

サンダーマックスを装着させて頂いて間もないのですが、走行しているうちにエンジンがストールし、再始動時エンジンがかかり難いという症状です。TMのトラブルコードではなるほどo2センサーにエラー出ています。因みに純正メーターのトラブルコードにも出ておりました。

R0045934 のコピー

しかし、それよりもオカシイのは電源を入れた時にフューエルポンプが作業しないという事が頻発。

まずは既存データチェックの後、ファームのアップデート、データの入れ替え、読み込みといったソフト的なリカバリーを行い、次にECM端子のカシメ直し、接点復活材の再塗付、システムリレーの交換といったハード側のリカバリーも行いましたが、症状は全く改善されず。。

R0045935 のコピー

そこで試しに純正ECMに戻してみると、フューエルポンプは何度やってもキチンと動きます。これはどうやらTM本体に問題がありそうです。一応現在の状況のログを取ってデータはジッパーズへ送り、本体は入手先へ一度お送りさせて頂きました。とりあえず明日代替品が届く為、そちらで再度チェックしてみたいと思います。オーナー様、申し訳御座いません。

因みに当店ではTMを既に50台以上装着させて頂いておりますが、今まで本体がトラブった事はこれで2度目です。一度は当店の2000APSレーサーで、データにアクセスも出来るしPC側では全く問題無い状況なのですが、フューエルポンプが全く動かず、火花が飛ばないという状況でした。
電子機器ですから何れも100%完璧、とは言い難いとは思いますが、どちらの例も取り付けして間もない頃にトラブルが発生しています。

R0045941 のコピー

お次はSE103 FLSTF。

補器類の仕上げです。ウインカーは勿論の事、LED製のナンバー灯やテールライト、ヘッドライトといった部分の配線を仕上げました。

R0045942 のコピー

不必要になった配線は間引いて、現行の純正ハーネスにも使用されている粘着付きの布テープでメインハーネスは纏めました。因みに配線キャップが被せてある配線が飛び出したままですが、これらはETC装着する際の電源やアース線です。

R0045943 のコピー

R0045944 のコピー

R0045945 のコピー

明日のパッチパーティーに何とか間に合いそうな感じです。
あとは手直ししたシフターが、少しは改善されていれば良いのですが。

R0045946 のコピー

※本日新東名の清水パーキングエリア内で開催されるクシタニ様の”コーヒーブレイクミーティング”に参加させて頂く予定でしたが、業務進行状況から考えて不可能となりました。誠に申し訳御座いませんがご了承下さい。
関連記事

| Big Twin | 02:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT