MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'97y FLSTF TC103cu" コンバート作業〜その弐。

明日も寒くなりそうです。

R0045074 のコピー


エンジンコンバートで最も大事な作業、エンジンとT/Mのストレートラインを出します。その為インナープライマリーカバーを仮り組みする訳ですが、仮り、とはいえ規定トルクをかけて組み付けます。キチンと位置が出るまで何度も何度も脱着を繰り返します。

R0045071 のコピー

R0045072 のコピー

トランスミッションがマウントプレートから少し浮いています。

R0045073 のコピー

原因はT/Mケース下部にある補強リブの逃がし加工が少ない為でした。サンダーでほんの少しリブを削ります。強度的にも全く問題無いレベルです。

R0045076 のコピー

T/Mとエンジンの位置がようやく決まりました。続いては2次ドライブ側の”辻褄合わせ”です。

T/Mケースはプライマリーサイドのオフセットしていますから、当然2次ドライブのチェーンラインが狂います。リアホイールの位置を変更せず、且つリアのドライブスプロケットのオフセットも変えずにチェーンラインを出す必要がある訳です。そこでフロントのスプロケットだけを変更してラインを出します。

R0045077 のコピー

オフセットゼロのフロントスプロケットに変更し、バッチリチェーンラインが出ました。

R0045078 のコピー

R0045079 のコピー

リアシリンダーヘッドのフレームへの干渉はフィン3枚を削って難なく余裕でクリア。

R0045080 のコピー

TC96ケースの場合、エボまでのステーターが使えません。当然と言えば当然なのですが、ここはH−D純正の3P/40Aを奢ります。

R0045081 のコピー

R0045082 のコピー

このままリアのシリンダーヘッドだけを組み付けても良かったのですが、使ってあったガスケットが気に入らなかった事、バルブシールがSEヘッドのストックのままだった事、そしてなによりクランクとシリンダー、ピストンの現状を確認しておく為にもトップエンドをやり直しておく事に決めました。

リカバリー作業ですので当然手間賃も出ませんが、自分自身が納得出来るところまでやっておこうと思います。

R0045083 のコピー

足りない部品があるので明日エンジン完成、とまではいきませんが、ヘッドまでは組み上げる事が出来ると思います。

R0045084 のコピー

オマケの画像はこちら↓

なかなか自分のショベルに乗る機会もありませんが、閉店後なんとなく気分を変えてみようかとキャブレターをEキャブからBキャブに戻してみました。

R0045085 のコピー

本当はFCRに交換したいトコロなのですが、キャブレターがエンジンに勝ってしまう為見送っています。エンジンに高負荷がかからないよう、FCRに変えてのんびり走っていても仕方ないですしねぇ。。

R0045086 のコピー
関連記事

| Big Twin | 23:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT