FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'88y FXR作業その⑤

今日はスイングアームの取り付けとハンドコントロールの交換作業を行います。

R0013521.jpg



クリーブ・ブロックを圧入したスイングアームをフレームにセットする訳ですがFXRの場合フレーム、ミッションを貫通してスイングアームが装着されています。ミッションはフローティングされている為クリーブ・ブロックの圧入位置がとても重要になります。ブロックが内側に入りすぎてしまえばミッション・ピポットに入らなくなるし、逆に入りが浅いとスイングアーム外側のマウントブッシュが潰されてしまい動きが阻害されてしまう上ブッシュの寿命も縮みます。勿論スイングアームのセンターも出ません。

画像下が調整前の例。左側のマウントブッシュが僅かながら潰れています。全て装着しないと分からないところがちょっと面倒なのですが、一旦バラしてから油圧プレスでクリーブ・ブロックの位置を微調整し、2度目でセンターにきました。慣れないとなかなか大変な作業だったりします。

R0013515.jpg

R0013516.jpg

さてスイングアーム取付が終了した為今度はハンドコントロ-ルの交換です。
マスターはHOT-DOCKさんのAPロッキード、クラッチホルダーとレバー、スロットルホルダがミスミ製。今回はインチバー仕様のまま配線中通しとし、やはりHOT-DOCK製のスイッチボックスでセットします。
メーターバイザー上部にはマルマスオリジナルのビュレット・メーターステーを使用して5インチのAUTOMETER"モンスター"をセットします(画像は置いてみただけだったり・・・笑)。定番中の定番、といえるセットアップですが良いモノは良いワケです。

R0013523.jpg

明日も続きます。
関連記事

| FXR | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marumasumotorcycle.jp/tb.php/328-dda90ca1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT