MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

雑務な一日。

パーツ待ちの合間の作業です。

R0044146a.jpg


まずは私事で申し訳御座いませんが、先日FULLGAINさんに出張ネンドして頂いたホールドシェルが届いておりましたのでセットした写真から。その形状から"カブトガニ"と呼んでます。

R0044147a.jpg

またいつかペイントしたいと思います。

R0044148a.jpg

で、TC96FXRはT/Mのパーツ待ち。丁度ブレンボのキャリパーが届いたので交換しておきます。

お馴染ブレンボの4ポッドキャスティングキャリパーがセットされていましたが、ご存知のとおり39φナローFフォークにボルトオンで装着する事は出来ません。フォークピッチが狭すぎる為キャリパーがホイールに干渉するからです。

R0044142a.jpg

その為、キャリパー本体を削ってしまったり、キャリパーサポートをカラーで逃がしたりとイロイロな方法で無理矢理装着されている事がほとんどでして、最も重要な保安部品であるブレーキを蔑にしています。この車両もキャリパーを削りサポートにカラーを挟んでセットしてありました。

R0044143a.jpg

しかし、同じブレンボの4ポッドでも削り出しとなるレーシング・キャリパーであれば、何処も加工せずスムーズにセットする事が出来ます。価格はそれなりですが、圧倒的に軽いので是非お勧め致します。画像の旧ロゴタイプであれば量販店でセール特価で売られている事も多いですから、キャリパー交換の際はご一考を。

R0044144a.jpg

で、'06y FLTRはこの週末の納車に向け仕上げました。
汚れていた車体は保護+艶出し効果のある専用クリーナーを使って磨き上げました。

R0044149a.jpg

R0044152a.jpg

外装は言うに及ばず、シート下のバッテリーボックス部分や手の入るところのハーネスも全て磨き上げます。ツーリングモデルは全天候型で走るオーナーさんが多いですから、こんな機会に綺麗にしておきます。磨く癖をつけておけば普段からトラブルの早期発見にもつながりますし、何より高価な車両ですので長く大事に乗って頂きたいと思います。

R0044150a.jpg

R0044154a.jpg

当店で整備して頂いた車両にはもれなくスイングアームにステッカーを貼らせて頂いております。あとはマフラーをセットしてようやく車体完成です。

R0044151a.jpg

※明日水曜は振替営業となります。宜しくお願い致します。
関連記事

| Big Twin | 16:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT