MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TC95cu" FXR Racer トップエンド分解。

閉店後はレーサーです。

R0044040a.jpg


実に1年以上放置したままとなっていたFXRレーサーですが、ようやく直してみようかと。
まぁ不動車のままではどうにもなりませんし、公道に復活させたいとも思っています。

R0044041a.jpg

去年日本に戻ってからクランキングこそしていましたが、圧縮がゼロだった訳で、一昨年同様にピストンリングが塩で固着したのだろう、程度に考えていました。

で、本日プラグを抜いてハンドでクランキングさせると、ヘッドのINかEXあたりで空気が抜けるような音がしています。これはオカシイのでとりあえず補器類を外しバルブをチェック。

R0044043a.jpg

R0044044a.jpg

R0044045a.jpg

2012年は巨大なエアロを羽織ったフルカウル仕様でしたが、走っていても全くラムエアーが効いていない感じがしていました。ヘッドを下ろして一目了然、ピストントップやヘッド燃焼室にも焼けた塩が全く残っていません。やはりラムエアーは全く効いてなかったのです。
まぁお陰でピストンやヘッドのクリーニングは楽ですが、、、

R0044046a.jpg

で、フロントバンクのヘッドです。EXバルブが曲がっています。

R0044047a.jpg

R0044048a.jpg

レース中にオーバーレヴしたとかでは無く、船で日本に戻る間にエキゾーストポートに残っていた塩が湿気で溶けてバルブに付着、錆びて固着しところを気がつかずにクランキングさせてお陀仏といったところでしょう。

R0044049a.jpg

ピストンのバルブリセスには干渉した部分が銀色に光っているのが見えます。

R0044050a.jpg

そうなるとプッシュロッドやタペット、バルブガイドも怪しい、となりますが、スパークプラグを抜いてのハンドクランキング時に曲がったと考えられる為、バルブが最も大きなダメージを負ったと考えます(希望的観測)。

R0044051a.jpg

また元気な時にでも続きを行います。

R0044052a.jpg
関連記事

| FXR Racing | 23:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT