MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y FLTR オイル漏れ修理と整備~その壱。

本日はFLTRです。

R0043930a.jpg


昨夜入庫して頂いたのは2006年モデルのFLTR。以前SEプロチューナーとオリジナルマフラーを装着して頂いたお客さんです。今回はエンジンの下回りがオイルでベトベトになる、という事で修理です。

まずはざっとチェック。エンジンとトランスの接合面にオイルリーク。ミッション回りもトップカバー、インナープライマリー側共にオイルで真っ黒に汚れています。この時点ではトランスM/TトップカバーガスケットとトランスM/Tメインシャフトオイルシールが原因ではないかと思いました。

R0043931a.jpg

とりあえず全オイルを抜きます。画像はトランスフルードですが、有り得ない色になっています。オイルが漏れているせいなのか、オイル交換時期をオーバーしてしまっているからか、オイルの量も規定量に足りてません。

R0043932a.jpg

左からトランスM/T、エンジン、プライマリーの各ドレンボルト。見て察するとおり酷い状態です。最低でも車検毎の整備は絶対に必要です。高年式の車両ならユーザー車検で未整備車両でも通ってしまいますが、後々手痛いしっぺ返しがあるのを皆様肝に命じて下さい。
トランスM/Tはオイルが少なかった事を如実に表しています。

R0043933a.jpg

R0043934a.jpg

エンジンアイドリング時、1次ドライブから音が出ていたのですが、やはりプライマリーチェーンがダルダルです。張り過ぎは駄目ですがリミットを越えたアソビも勿論駄目です。

R0043935a.jpg

フリクションプレートは減っています。全てのスチールプレートが青く焼けてしまっており、クラッチからは特有の異臭がしますので交換時期です。

R0043936a.jpg

クラッチシェルは問題無し。

R0043937a.jpg

インナープライマリーを外しました。これで大方のオイル漏れの場所が判断できます。

R0043938a.jpg

R0043939a.jpg

R0043940a.jpg

R0043941a.jpg

トランスM/Tメインシャフトシールからのオイルリークは定番ですが(それでもエボに比べればツインカムは少なくなっています)スターターシャフトのシールからこれだけ漏れているのは初めて見ました。一晩停めておいてこれだけ漏れていたという事になります。

R0043944a.jpg

R0043949a.jpg

折角なのでオルタネーターも外しステーターをチェック。レフトサイドのエンジンスプロケットカラーはツインカムの場合簡単に外れますから外して傷の有無を確認します。レフトサイドシールは問題無いですが、折角ここまで分解しているので交換しておこうかと思います。

R0043950a.jpg

R0043952a.jpg

しかし、フロントスプロケットの締め付けナットが固着して全く外れません・・・はぁ~、、

R0043953a.jpg

R0043951a.jpg
関連記事

| Big Twin | 16:55 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

おっしゃるとおりですね。
以後気をつけたいと思います。
ご指摘誠に有難う御座いました。

| mie4speed | 2013/10/19 12:52 | URL | ≫ EDIT

毎日拝見しております。
どうでもいいのですが「トランスM/T」という表現はおかしいです。ミッション(Mission)はこれで一つの単語です。
(トランスM/T=トランスミッショントランス)という意味でしょうか?自動車整備業界では通常「トランスミッション」は「T/M」と表現します。

| X1号 | 2013/10/18 19:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT