MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'89y FXR作業その①

東海地方も遂に梅雨入り。嫌な季節の到来です・・・。さて本日は'89yFXRのクラッチ交換作業を行いました。

R0013449.jpg



まずはプライマリーオイルを抜いてカバーの取り外し。オイルの量が少し多いようでした。プライマリーを開けて気が付いたところは①クラッチ・シェルが比較的最近交換されている事②ジャックシャフトの回り止めが潰れている事③インナープライマリーはチェーン化に従う作業以外では取り外されていない事④クラッチプレートが社外の強化タイプである事。の以上4点。

クラッチシェルは見た目に綺麗ですし、なによりクラッチプレートを保持するシェルのツメの部分が新しい。よって段差も少なく、クラッチを操作しても妙な引っかかりは皆無でした。長期に渡る使用で擦れたセル側のスターターギアの摩耗具合と、シェル側のスターターリングの新しさが対照的です。

R0013453.jpg

ジャック・シャフトのロックプレートは危うい感じなので要交換です。シャフトボルトが空回りしだせばエンジンの始動が不可能になります。ちっぽけな部品ですが重要です。流石に在庫は無かった為ディーラーに急遽注文。明日の入荷になります。

R0013452.jpg

クラッチプレートを保持するクラッチカバーやアジャスター、ダイヤフラムスプリングを外したらクラッチプレートとスチールプレートを外します。プレートは表面の"焼け"をチェックして厚みを測ります。なお今回作業している車両のクラッチASSYは'89yまでの前期型シェルですから、これ以降の車両は初期TC88までと同じクラッチになります。勿論新品クラッチプレートは新しいプライマリーオイルに浸けておいてオイルを馴染ませます。

R0013451.jpg

R0013458.jpg

フォアコンのシフターが妙にグラグラしているので外してみると、シフター固定用ボルトが折れていました。ドリルで揉んで折れたボルトを削除し、新たにタップを立てて修理しました。不足してたカラーも追加しておきました。

R0013456.jpg

明日に続きます。
関連記事

| FXR | 13:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marumasumotorcycle.jp/tb.php/322-f5f38f59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT