MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

S&S TC100-FXR 1次ドライブ組立。

台風一過でとても風の強い一日でした。

R0043751a.jpg


朝方まで雨が残っていたせいか本日も静かな静かな一日です。強風で剥がれたトタン屋根がバタバタいってますが気にしません。

さて、本日もTC100のFXRです。

このFXR、ベースとなった車両は1988年式です。という事でトランスM/Tアッセンブリは勿論の事、セルスターター、クラッチユニット、インナー、アウタープライマリーカバーなど全て高年式FXRよりコンバートしています。

ショベルと同様のソレノイド別体式スターターではツインカムコンバートの車両ではスタートに難がありますし、テーパーキーの旧タイプトランスM/Tだとクラッチバスケットも古いものしか使えない為、当店では末長く乗って頂く為にも後期モデルのものにコンバートする事が多いです。

なお電気系統はツインカムの40Aに変更し、ステーターコイル、ローター、レギュレターをTCから流用する事がトラブルフリーでベストですが、今回はコスト面の事を考え、レギュなどがそのまま流用できる32Aのまま組みます。まぁ後々40Aにアップデートすれば良いと思います。因みにコイルとローターは新品を奢りましたが、どちらも社外です。

R0043752a.jpg

インナープライマリー、アウタープライマリーカバー共にリンクルブラックのパウダーコートを施工。ベアリングはBAKERの強化タイプを使用しメインシャフトのBBレースは外しています。後々のベルトドライブへのアップデートも配慮。

R0043753a.jpg

R0043754a.jpg

R0043755a.jpg

R0043756a.jpg

R0043757a.jpg

1次ドライブを組みました。でも何か変ですよね?

R0043758a.jpg

クラッチバスケットASSYとエンジンスプロケットが違っていました。クラッチバスケットはスターターリングギアが異なる高年式ソフテイル用で、丁数は同じながらエンジンスプロケットはほんの少し大きいTC用でした。
FXR用のセットに組み直し。

R0043760a.jpg

ここまで組みましたがFXRで使えるスタータージャックシャフトが無い。残念。

R0043759a.jpg

H-D純正のクォーターフェアリングも付けます。噂ではデタッチャブルのマウントキットが廃番になったとかなっていないだとか。本当のところは不明です。

R0043762a.jpg

R0043761a.jpg

オマケの画像はこちら↓

ここ一ヶ月あまり、滅茶苦茶暑かった事と、渡米も重なったので自分の単車には全く乗っていませんでした。

今夜はレザージャケットを羽織りたくなるくらい涼しいので久しぶりにブラリ走ろうかと思っています。

R0043763a.jpg
関連記事

| FXR on T/C | 17:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT