MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'91y S&S T/C95 FXR-SP #05 - 車体完成。

とりあえず、組み上がりました。

R0042960a.jpg


エンジンは完成していたので補器類を取り付けていきます。

エンジンにオイルを回す前に、穴の開いてる箇所を埋めておきます。笑
油圧センサーをケースにくっ付けて、CPSセンサーにはメクラ蓋、オイルフィルターもセットします。

R0042946a.jpg

R0042947a.jpg

R0042948a.jpg

不覚にもバッテリーをチャージするのを忘れてました。配線がちょっと怪しい感じになっていますが、機能的には問題ないのでとりあえず見過ごします。

R0042949a.jpg

エボに比べツインカムのシリンダーは太い為、IGコイルが干渉するので外側にオフセット。

R0042950a.jpg

マフラーを付けます。スパトラ2in1ですが、今回は何処にも干渉せず無加工で装着出来ました。

R0042951a.jpg

プライマリーカバーも組みます。エボのエンジンンで使っていたダイヤモンドE/Gの12ポイントボルトを流用。

R0042952a.jpg

DYNA2000iの配線は綺麗に引き直ししました。

R0042953a.jpg

エンジンオイルを入れます。まずは極初期のナラシとなるので添加剤てんこ盛りのRO'Sオイルの20W-50を入れました。

R0042954a.jpg

A/Cバックプレートはケースブリザーのエボ用は使えません。T/C用に交換してヘッドブリザーのフィッティングを使ってセットします。

R0042956a.jpg

オイルが十分回って油圧のランプが消えるまで少しづつクランキングを行い、スパークプラグの火の飛び具合をチェック。問題ないのでコンプレッションを計ってみたものの、バッテリーが弱くてキチンと計測出来ず。。
一応点滴式でガソリンをキャブに送ってみたものの、やはりクランキングが厳しい状態。コンプレッションリリースを取り付けしたとはいえ、エボのストックセルモーターで1550ccは正直辛いかも、、

BDLのカムカバーを使っている為、ひょっとすると点火タイミングがずれている可能性もあります。あまり無理せず明日まで一晩充電してから火を入れたいと思います。

R0042957a.jpg

R0042958a.jpg

R0042961a.jpg
関連記事

| FXR on T/C | 20:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT