MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'91y S&S T/C95 FXR-SP #03 - トップエンド作業。

本日もT/C-FXR。仕上げまで続きます。

R0042895a.jpg


まず昨日は都内にあるIWASAKIさんのスタジオにFXRSを納車。帰路事故で第二東名が通行止めになり2時間ほど高速道路上で足止めを喰らいましたが、14時間掛かって無事帰宅。清水PAの"クシタニ・パフォーマンスストア"さんにもご挨拶に寄れたので満足です。

R0042889a.jpg

R0042891a.jpg

で、本日はFXRSの作業を続投です。

まずはスターターを洗浄しペイント。エボ車両のスターターはどれもこんな感じに貧乏臭く剥がれている車両ばかりですが、剥がせるペイントはなるべく剥がし、リンクルブラックで塗り直し。

R0042892a.jpg

R0042893a.jpg

地味でツマラナイ部分ですが、見た目が綺麗になるのでなるべくペイントするようにしています。

R0042896a.jpg

続いてトップエンドを組みます。ピストンやリングの計測と調整は既に終了していた為、エンジンに組みつけます。今回なるべく予算を抑える、という事なので当店の在庫だったKB製のO/Sピストンを使っています。

R0042894a.jpg

ピストンデザインは正直今となっては設計が古くピストンリングもクラシック故、一応念の為にMIFコートを全体に行っています。しかしこのスパイラルリングのピストンピンストッパーは装着に手を焼きます。

R0042897a.jpg

オイルコントロールリングも太くて固い為シリンダーを入れるのも一苦労。時代を感じます。

R0042898a.jpg


何度も失敗しつつ、ようやく前後シリンダーの装着完了。クランクを回すとやはり一世代前の重さです(笑)。現行のJIMSやSE、T-manなんかを組んでばかりいると、あまりに楽なので腕が鈍りますね。

リングが馴染むまで、しっかりナラシを行って頂かないと駄目ですね。

R0042899a.jpg

このエンジンはカムはボルトインカムですしヘッドも純正フルストック。圧縮比もそう高くもないですから言わば"ツルシ"の1550ccです。そんなエンジンですのでヘッドガスケットは何を使おうか迷うところです。

R0042900a.jpg
関連記事

| FXR on T/C | 19:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT