MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'94y FLSTF / '91y FXRS。

まずはFLSTFから。

R0042333 のコピー


とりあえずガソリンタンクを装着する為FRP製のタンクを加工。ネック部分に干渉するエッジを削りました。

R0042334 のコピー

”とりあえず”最低限走れるようにして暖気を数十分、何セットか行いましたが、オイルタンクの内圧がまた上がり始めました。これでは駄目ですのでまたもう一度原因を探ります。

R0042335 のコピー

R0042336 のコピー

そうこうしていると東京から積車でFXRSが到着しました。そう、先日ナラシを終えて納車させて頂いたばかりのFXRSです。

R0042337 のコピー

実は納車しての帰路2日め、5速から4速にシフトダウンした瞬間にシフトペダルがロック。メイン、カウンター共に動いているのでクラッチを握っていればエンジンは回り続けている状態ですが、なにをしてもペダルが上がらないという連絡を受けました。
とりあえず自宅には近い場所でしたのでそのままJAFで輸送して頂き、先日業者さんにお願いして引き上げてきて頂きました。※BACK-DROP相田さん本当に有り難う御座いました!

シフトは今も下がったままで、抜けるような状態ではなかったのですが、これなら直ぐに原因が分かるので修理する側からすれば助かります。

R0042338 のコピー

という事で早速分解する準備。トランスM/Tアッセンブリ毎交換するつもりでしたのでオイルをドレン。プライマリーチェーン、やっぱり駄目ですね。走行400キロ弱で既にオイルがドロドロです。

R0042339 のコピー

因みにプライマリーオイルがなんらかの原因で汚れると、オルタネーターやステーターにダメージを与えます。ステーターコイルのショートは物理的な干渉が原因の場合もありますが、オイルに含まれた鉄やアルミのスラッジによるショートも原因のひとつに考えられます。プライマリーオイルをマメにチェックする方は少ないと思いますが、エンジンオイルと同様、早めに交換する事が後々の手痛い出費を抑える事にもなりますので気にして頂いた方が良いと思います。

R0042341 のコピー

強化品を入れたシフターアームアッセンブリ、もしくはシフターフォークを疑っておりましたが、それならトップカバーを外せば直ぐにチェック出来る事からまずは急いで分解せず、開けてみました。

すると直ぐに原因が分かりました。まずはこのシフタードラムを回転させるアームの爪部分。これが単純に小さなバリで引っかかっていただけ。指で触るとシフトペダルは直ぐに抜けました。たったこれだけの事で不動に、、、

R0042342 のコピー

あともうひとつの原因。トップカバーの裏側にアームが干渉した跡があります。シフターアームが純正だった頃は一度もこのようなトラブルは出ていなかった事から、BAKERの強化品に変えてから干渉した可能性があります。

R0042343 のコピー

どちらか一方、もしくは双方が同時に作用した事が原因でシフトがロックした事は間違い有りません。実のところナラシを300キロ程行った時に当方も同じような現象に陥っていたのですが、その時は直ぐに回復してしまい、その後のナラシ450キロ走行時には全く再現できなかったので問題ない、と判断した事がそもそも甘かったです。勿論その症状に関してはオーナーさんに逐一報告済みでした。

原因はこの部品。シフターアームの爪の部分を外しました。

R0042344 のコピー

BAKERの強化品という事もあり信頼しきっておりましたが、よく見ればレーザーでカットされた端面にはバリが出ている部分もあります。

R0042345 のコピー

R0042346 のコピー

そして最大の原因がこの凹み。少し凹んで見える部分が有るのが分かるでしょうか?ここが引っかかっていたのです。爪の先ほどの小さな凹みです。

R0042347 のコピー

腹立たしい事極まりないですが、チェックの甘さが原因ですから反省する事しかり。手ヤスリと水ペーパーでスムーズにスライドするよう磨きました。

R0042348 のコピー

また、もうひとつ考えられる原因としては、純正品の場合、材質も異なる為BAKERのものより強度が落ちます。しかしながらその”歪み易さ”が逃げ道となる為、滑りを発生させるので引っかかり難い、という事も十二分に考えられます。勿論このアーム部分の強度が増す事でシフトのフィールは遊びの少ないダイレクトなものになりますから強化品に交換する意味や恩恵も確かにあります。ですから一概にどちらが良い、と言えない事が難しいところです。

という訳でストックに戻す事も少し考えましたが、ここは強化のままスムーズに動くようバリをとりエッジを全て丸めました。

R0042349 のコピー

トラブルが起きたままの状態でしたので直ぐに原因究明が可能でしたが、これがもしシフトが抜けていたら、アームの凹み部分が原因だったなんて果たして分かったでしょうか?トランスの中身全てを交換して、知らないうちに直っていた、という事になっていたかもしれません…

この部分を直す為だけに東京から運んで頂いたと考えると悲しくなるので、プライマリーチェーンを交換し、シフトフィールが少しでも良くなるよう、別のシフタードラムに交換してみたいと思います。

しかし。
修理に簡単、なんて事は無いですね。まだまだ日々努力です。
関連記事

| Big Twin | 01:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT