FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FUCKIN' FRONT END。

タイトルの通り。困ったコトになってます。

R0041563a.jpg


付かないものを付けるのがプロの仕事かもしれませんが、本来の強度が落ちたりすれば本末転倒なハナシです。例えユーザーさんに付けて欲しいとお願いされたとしても断る事もプロの責任だと思います。

それは、知らずにマッチングの悪いパーツを仕入れてしまい不良在庫になろうが、ゴミになろうがそれはお店側の責任であると考えます。

で、こちらが今回問題のロッキードキャリパー。勿論キャリパー自体にはなんの問題も無い訳ですが、39φナローフォークに装着するとなるとハナシは違ってきます。

R0041560a.jpg

R0041561a.jpg

R0041562a.jpg

ブレーキローターを外側にオフセットさせている為ローターボルトがフォークダウンチューブに干渉しています。四六時中では無いのですが、Fフォークに負荷が掛かったり逆に抜けたり捻れたりする時に干渉しているようです。

R0041564a.jpg

無理にスペーサーでオフセットさせているのでホイールボスの"ミミ"がブレーキローターセンター穴に引っ掛かってません。ローター取付ボルトだけでセンターを出している事になります。

R0041565a.jpg

R0041566a.jpg

スペーサーが入っているにも関わらず取付ボルトが通常の長さのままですのでネジ山の半分しか効いてません。これでは更に危険です。

R0041568a.jpg

今回レーシングブレンボに交換する事により11.5インチブレーキローターのままでも十分なクリアランスが確保出来ます。ですからスペーサーは撤去し本来のローター位置に戻します。ローター取付ボルトも強度のあるダイヤモンドE/Gの12ポイントに交換してます。

R0041567a.jpg

ブレーキを仮付け。なんだかオカシイですよね?

R0041569a.jpg

R0041570a.jpg

ロッキードのキャリパーサポートを逃がす為フォークダウンチューブを削ってしまっています。最も強度の必要な部分ですから問題外の加工です。

R0041571a.jpg

R0041573a.jpg

R0041574a.jpg

結局ブレーキローターの位置を変えたらキャリパーの位置が変わり、そしてスピードメーターギアを外に逃がし、逃げた分をフォークチューブを削り、、、と悪循環のスパイラル。よくぞここまで加工したと感心します。ある意味プロの仕事です。

R0041575a.jpg

これはもうスペーサーを作ってどうこう、というレベルの問題ではありませんのでFフォークダウンチューブを交換するしか方法は無いと思います。
とりあえずブレーキに関しては一度走ってみてから、という事で作業を進めて参りましたが、ここを最も早く着手しておくべきでした。当方の注意力が欠けていた事も問題ですね。

ここはやり直しです。

R0041576a.jpg
関連記事

| FXR | 20:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT