FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'97y FLSTF 2度目の火入れ。

今日は常連さんと話をしながらのんびり作業しました。

R0040850 のコピー


本日もツインショックのソフテイルです。

まずは定番のオートメーターをセット。5”モンスターです。ハイスピードでの走行中、前方から手前に目線を移動する事は困難なので、メーターを意識しなくても目の端に針の動きが入ってくるこのサイズの大きさが必要になります。

R0040854 のコピー

R0040855 のコピー

IGモジュールを交換し、マフラーをセットして2度目の火入れ準備が完了。最初点火タイミングがバラバラでエンジンに火が入りませんでしたが、これはIGコイルの初期不良でした。DYNAからSE製に交換してこちらは直ぐに問題解決。

R0040853 のコピー

カムからの異音は圧倒的に減りました。しかしロッカー、特にフロントバンクEX側からの打音は相変わらずしています。もう一度ロッカーをチェックします。

R0040856 のコピー

R0040857 のコピー

原因がほぼ特定出来ました。ケース側から問題点をひとつづつ追い込み、ようやくロッカーまで辿り着きました。一カ所直しては火を入れチェックする、という地味な作業ですが、”ツルシ”のパーツを使わず造っているエンジンですので、こうする以外に方法は無いと思います。

R0040858 のコピー

R0040859 のコピー
関連記事

| Engine Maintenance | 22:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT