FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2台の'91y FXR。

久しぶりにまとまった雨が降りました。

R0040470a.jpg


本日まずは93cu"FXRS。エンジン補器類をセットしていきます。キャブレターはFCRからEキャブに変更。ナラシに合わせてジェッティングを変更しておきます。

R0040468a.jpg

R0040469a.jpg

以前は国産カスタム屋さんが作業を行っていた車両なので慣れないハーレーで苦労が伺えます。スロットルケーブルもS&S製に交換。

R0040471a.jpg

遣れ遣れなパーツが多いのでペイントしてみたり。

R0040467a.jpg

しかしエンジンハンガーやレギュレターのステーなどまだまだ遣れた部品が多く、ここは缶スプレーでとりあえず逃げるのか、それともキチンとパウダーコートで仕上げるのかオーナーさんと相談します。

R0040472a.jpg

R0040473a.jpg

という事でFXRSは作業中断。昨日車検でFLHRが入庫しているのですが、タイヤが届いていないのでそれもパス。
そんな訳で12月にお預かりしたもう一台の'91y FXRの作業を進めます。

こちらの車両はT/C96フルコンバートとなります。2010y FXDBIの純正新品エンジン+純正6速トランスM/Tに組み合わせ、1次ドライブも全て2007年以降のFLHのパーツを使って組み直します。

R0040474a.jpg

まずはエンジンを下ろす為、補器類をザクッと外します。各オイルとガソリンをドレンしますが、プライマリーオイルは黒く濁っておりスラッジも多数。なにかトラブルがありますね。

R0040475a.jpg

R0040476a.jpg

R0040477a.jpg

R0040478a.jpg

R0040479a.jpg

スラッジの原因はエンジンスプロケットナットの緩みでした。

R0040480a.jpg

R0040481a.jpg

これで一次ドライブが外れました。トランスM/Tメインシャフトのオイルシールも駄目ですね。

R0040482a.jpg

ドライブベルトはご覧のように深い傷があり、トランスM/Tシフターアームのスプラインが痩せてしまいガタガタになっていました。比較的良く手入れされていて綺麗な部類のFXRですが、このような車両でさえ中を覗けばこれ位のマイナートラブルが出てきます。新車から20年以上経っている車両ですから日々のメンテナンスがどれほど重要かお分かりになって頂けるかと思います。

R0040483a.jpg

エンジンが下りました。腰が痛いです・・・。

R0040484a.jpg

この後トランスM/Tやリアエンドも全て撤去しますが、とりあえずもう少しパーツが揃うまではしばらくローリングシャシーのままです。
T/Cコンバートに際してはミッドステップの変更やオイルパンの逃がし加工といったフレーム側の加工が必要になる為、エンジン搭載よりもその準備段階に時間が掛かる事となります。

R0040485a.jpg
関連記事

| FXR on T/C | 22:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT