FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

FXBその後とご報告。

仕事帰りにちょくちょく弄っては乗ってます。

IMG_0588 のコピー




もともとツーリングなどにはあまり興味がなく、好きなコースをバーン!と単発的に走る事だけが好きなので正直プライベートで単車に乗る事はあまりありません。笑
しかし、ここに来て何故か”スイッチ”が入り、頻繁にFXBに乗っています。

閉店後、気になるところを手直し、もしくは試験的に改造し、そのまま夕食がてら乗る事もありますし、翌日銀行に行ったり、ディーラーにパーツを引き取りに行ったりする時に引っ張り出して、手を入れたところをチェックしています。

先日もプライマリー側からトランスオイルが床に漏れていたので(それも漏れる時はかなり盛大に)早速修理。

R0039803 のコピー

この前ライトウエイトプーリーに交換した際、トランスM/Tメインシャフトのオイルシールと4thギアのシールからの漏れがほとんど無いのを確認していましたから、漏れているのはプライマリー内部だと思っておりました。で、クラッチを分解するとこのとおり。

R0039804 のコピー

メインシャフトのクラッチシェル取り付けナットのオイルシールが逝きプッシュロッドを伝ってきたトランスオイルが漏れていました。それが丁度インナープライマリーのドレンボルト穴から外に流れ出たようです。

という事で早速オイルシールを交換し、トランスオイルで汚れたクラッチ板を脱脂。クラッチシェル内部はダストを掃除してから組み直しました。以前にも増してスカッとクラッチが切れ、ジャダーも当然無いので頗る気持ちが良いですし、オイル漏れも完治。キックギアの摩耗で汚れていたトランスオイルも序でに交換しておきます。

R0039805 のコピー

適応適所に色々な種類のグリスやオイル、またはロックタイトを塗り組みますが、改めて見直してみると、日々メンテナンスしているつもりでいても、こうして見直していけばかなりの箇所に整備の必要性があるものだと改めて気がつきます。

外観のカタチを変えたりペイントしたりする事は気分も変わりそれはそれで良いですが、何処かに走りに行ったとしても、必ずノントラブルで帰路に付く事が単車という”乗り物”の最も重要な事ではないかと思います。

普段は工具なんて持たず、スパークプラグの予備すら持ち歩く事はしません。それでも何事も無く帰って来れる車両を仕上げる事はショップとしての手腕の問われるところではないかと思います。

あとプライマリーカバーを変えました。乾式クラッチの音があまりに五月蝿い。笑
本当は適度に冷やす事が1次ベルトドライブ車には必須ですが、折角静かなエンジンなので静かに乗りたいと思っていますが、、、そう思うところが歳を喰ったというコトなんですかねぇ。。。髪の毛はどんどん細くなるし、老眼は酷くなる一方だし。良いとこ無し。笑

R0039815 のコピー

いままでの穴空きカバーは、試しにリンクルブラックでパウダーコートしてみます。

R0039814 のコピー

R0039816 のコピー

オマケの画像はこちら↓

新品'10y FXDBI T/C96モーターと'99y T/C88中古トランスはLAの倉庫に届きましたのでお知らせ致します。

R0019643 のコピー

R0019645 のコピー

因みにこちらのT/C88 FLHトランスを使えばストックT/C88Aモーター(99y-06y)がエボマウントプレートを介さずにそのままFXRに搭載出来ます。FXRのオイルタンクも必要無くなるのでスッキリスマートなツインカムFXR製作にドウゾ!という事でFOR SALEです。※価格は要応談、業者販売も可能です。

R0019620 のコピー

R0019619 のコピー
関連記事

| Shovel Head | 02:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT