MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'06y FLTR 緊急入庫。

修理で緊急入庫して頂きました。

R0039678 のコピー


今朝、当店の常連さんから電話があり、連れの方の車両の様子が変だから見てほしいという連絡をお受けしました。急いで店に行き車両の様子を伺うと、どんな速度域でもハンドルを取られて危険極まりないとの事。

とりあえずエンジンをかけて頂くとアイドリングの状態なのにベルトが鳴いているので?と思ったのですが、ジャッキでリアを上げてみるとリアプーリーに鉄粉が。。嫌な予感がしたのでタイヤを左右に揺するとホイールがグラグラ。シールドのホイールベアリングが逝ってしまい粉砕している様子です。

この車両のオーナーさんは浜松在住の方だそうですが、先週岩手までツーリングに行って、その帰り辺りから様子が変だったという事。これでは全く乗れないのでとりあえず置いていって頂く事になりました。

R0039675 のコピー

早速作業開始。

R0039677 のコピー

シールドベアリングなのにカバーが粉砕して粉々、ベアリングのボールも2/3ほど無くなっています。よくロックしなかったものですねぇ。140km/hで高速巡航もしてたといいますから、一歩間違えば大変な事故に繋がっておりました。

R0039678 のコピー

R0039679 のコピー

R0039680 のコピー

足りないボールベアリングやシールドカバーは擂り粉木で擦ったかのようにすり潰され、鉄粉となりホイール内部と外へ放出されてしまっているので見る影も無し。

R0039681 のコピー

とりあえずレースがホイール側に残ってしまっているので外さないといけません。

R0039682 のコピー

当然負荷が掛かり押されているブレーキ側のベアリングも同時に交換します。

R0039683 のコピー

R0039684 のコピー

R0039688 のコピー

丁度タイミング良く"JPストローカー"の営業さんがご来店されたので、二人掛かりでレースを取り外し。助かりました。笑

R0039689 のコピー

丁度ベアリングレース用のSSTを持っていた事、またこの年式用のホイールベアリングを偶々在庫していた事が今回クイック対応を可能にしました。

R0039690 のコピー

左右ベアリング交換完了。この手のシールドベアリングはスペーサーカラーを入れた状態で、本当に僅かにクリアランスがある程度にベアリングを圧入、最終的にアクスルシャフトを規定トルクで締め込んだ時点でクリアランスゼロになるよう組み付けます。もしも一度締め込んだ時点でベアリングとスペーサーカラーに隙間があるようであれば、カラーは作り直す必要があります。

R0039691 のコピー

マフラーを付けたら明日納車です。

R0039692 のコピー

現行タイプのシールドBBでこの手のトラブルは初ですが、原因を色々考えてみましたが難しいですねぇ。ベアリングを一度でも交換した事があるのかどうかは分かりませんが、最も考えられるのはベアリングのホイール圧入填め合い位置が浅く、走行するうちにベアリングがホイールセンター側に動いて隙間が出来てしまったか、スペーサーがなんらかの理由で削れてしまいBBディスタンスが減ってしまったとか。またはベアリングの初期不良ですが、こちらはあまり考え難いかもしれませんね、、

兎も角、このようなアクシデントでトラブルが起こらなかったのは奇跡です。

他にも本日は'10y FLHTCUと'81y FXSをクイック対応で作業しましたが、現時点で店には13台の車両が入っており、もうどうにもならない状況です。。FXBは表に放り出し、FXDBIはハイエースに積んでスペースを確保しています。

R0039670 のコピー

R0039672 のコピー

R0039693 のコピー

R0039694 のコピー
関連記事

| Big Twin | 01:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT