MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'98y FLHR-C 車検整備~その弐。

ロードキングの整備が完了しました。

R0039416a.jpg


昨日の続きから。フォークオイルを規定量入れます。入れた後Fサスをストロークさせて馴染ませます。カートリッジフォークならストロークを繰り返し時間を置いて噛んでいるエアを抜きます。

R0039401a.jpg

R0039402a.jpg

フォークトップキャップに付くこのエアバルブですが、ワンタッチバルブが死んでしまっておりオイルが漏れている車両を見かけた事が多々あります。こちらは問題なし。

R0039403a.jpg

ナセルを外した序でにハンドルクランプを増し締め。トップクランプ、ライザーボルト共に緩んでいました。ツーリングモデルは特に緩みやすいかと思います。

R0039404a.jpg

R0039405a.jpg

外したナセルカバーも出来るだけ磨きます。しかしメッキの下地まで侵食してしまった錆は残念ながら完全に取り去る事が出来ません。常日頃から磨くように心がけるしかないですね。

R0039406a.jpg

ナセルのハンドルトップカバーには画像のような小さなボルトナットが付きます。ナセルの内部で取り付けする事は至難の業ですが、こうやって予めボルトナットをセットしてナセルの隙間を滑らせて入れるのが正解。クダラナイ事ですがこうすると簡単です。

R0039407a.jpg

R0039408a.jpg

R0039409a.jpg

マフラーマウントのラバーブロックもクラックが入っていたので交換。ガタツキも無くなりしっかりマフラーが保持されるので数年毎に交換する事をお勧めします。

R0039410a.jpg

R0039411a.jpg

ガソリンタンク裏側も磨いて装着すれば作業は終了。クランキングの後しばらくアイドリングさせました。何処にも問題ないので残すはテスト走行だけです。

R0039412a.jpg

しかし相変わらずこの年式のインジェクション車両はエンジンが暖まるまでが心許ない。笑 冷間時のアイドルアップが効いていないような感じで不安になります。

R0039413a.jpg

さて明日22日(土)祝日はクイック対応可能です。また明後日23日(日)は作業OFF DAYですのでお気軽にお立ち寄り頂ければ幸いです。
関連記事

| Big Twin | 16:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT