MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson V-TWIN Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats"

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXS 手直しとテスト走行二回目。

ローライダー、手直ししました。

R0038450a.jpg


まずは先日のテスト走行時のトラブルシュートから。プライマリーを開けて1次ドライブベルトをチェック。ベルトのミミがオルタネーターに接触した際に出た少し消しゴムカスのようなベルトカス以外は特に問題なし。オルタネーターへの干渉もベルトに撓みが出た時だけですので問題ないレベルだと思います。

あとはエンジンオイルを交換し、リアブレーキフルードを交換。

R0038439a.jpg

R0038440a.jpg

R0038441a.jpg

R0038442a.jpg

R0038443a.jpg

で、テスト走行。異音は極端に減りましたが大きいギャップでやはりまだ鳴ります。
因みに本日のテストコースは揖斐川沿いの南濃旧街道筋。舗装も悪いし左右を塀で囲まれている場所も多く、異音を聞き分けるには好都合。ショベルヘッドと日本家屋とは良く合いますね。かなり暑かったので車両には酷ですが、悪条件下でテストする事にも意味はあります。

R0038449a.jpg

R0038454a.jpg

R0038456a.jpg

帰路は揖斐川左岸の信号の全く無い堤防道路を走って店に戻りました。車両の調子が良ければ気持ち良いルートですが異音に集中していたのでそんな余裕もなし。ただFサスペンションはやっぱり最高でした。

写真を撮影する際、旧街道を押して歩いたのですが、フロントホイールに抵抗感を感じたのでもう一度バラします。

R0038460a.jpg

R0038461a.jpg

フロント・ホイールベアリングのエンドプレイが甘いと感じたのでシムで調整しようかと思いましたが、シムで誤魔化すのも気分が悪いのでホイールカラーを製作。ほんの少し削ってはエンドプレイを何度もチェック。

R0038462a.jpg

R0038463a.jpg

R0038464a.jpg

ひとやすみ。。

R0038465a.jpg

フロントエンドと同時にリアもジャッキアップし、イロイロ探っていたのですが、どうやら異音の原因はタイヤのようです。丁度タイヤのエッジの部分がリアフェンダー左側の内側に軽く干渉した痕がありました。この車両はリアをローダウンしており、今回交換したコンチネンタルのリアタイヤが若干ファットな為、フルバンプすると擦れてしまうようです。

車体をバンクさせながらギャップを拾った時の方が異音がする確立が高かったので、タイヤが横方向に変形した時に多く干渉する感じですねぇ。

R0038466a.jpg
関連記事

| Shovel Head | 18:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT