FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'88y FXRS-SP 整備。

本日まずはFXRです。

R0038420a.jpg


昼一番にクイックの作業を行い、次いで入庫して頂いた'88y FXRS-SPの作業です。二輪量販店で買ったらしいのですが、まぁ程度は、、、で車検整備渡しという事。

粗を探す訳ではないのですが、致命的なのはこのピポットシャフト。人為的な作業ミスです。

この年式は二分割式のシャフトを採用しており、インチ細目の雄雌になっています。注意してトランスM/Tとスイングアームのセンターを出し、最初は手で挿入していけば問題無いのですが、センターも出ていないのに工具で最初から突っ込むと、簡単にネジがナメます。
リアのドライブベルトを交換して貰っているとの事なのでピポットシャフトを抜いたのは間違いない訳で、ナメたネジがそのままになり、ピポットシャフトは締まりきってないまま、走行中にシャフトが抜けてくるという始末です。下手すれば命に関わりますので非常に危険です。ピポットブロックのボルトも強度不足なキャップボルトで駄目。

R0038423a.jpg

整備した筈のブレーキは引きずっており、リアのマスターを覗くとフルードは劣化したままで量も極少・・・。中古とはいえハーレーを買うという事は決して安くはない買い物です。素性の知れた車両をキチンとしたお店で購入するという事がどれほど大事か、ハーレー初心者の方にこそ知って頂きたいと思います。

FXRといえども既に20年選手ですから、憧れだけで乗れるほどFXRは甘くないです。

R0038421a.jpg

R0038422a.jpg

R0038424a.jpg

R0038426a.jpg

オーナーさんにはちょっと高くつく授業料になり気の毒ですが、しっかり整備して何処まで乗っていっても壊れない車両に仕上げたいと思います。
関連記事

| FXR | 18:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT