FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZUTOSHI "KAZ" MIZUTANI 

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'07y SE120R FXDL #04 車体完成。

作業開始から4日、車体が出来ました。

R0038211a.jpg


ロッカーを組んでエンジンを完成させ、スロットルを組みます。

R0038202a.jpg

R0038203a.jpg

R0038204a.jpg

インジェクターは新品でも動きの悪いものがあります。長期在庫品だと内部のグリスが固着して動きが悪くなるようです。インジェクターの噴射量がマトモじゃなければどれだけECMでセッティングを行っても無意味です。面倒でも一度電気を通してみて動きをチェックする位の余裕が欲しいところです。この情報はAIRSPORT日沖氏に教えて貰いました。

R0038205a.jpg

純正スロットルからインジェクターブリッジのみ流用するので取り外し。なおこちらのインジェクターは容量の大きいタイプですが、サンダーマックスセッティング時に排出量が必要ですので部品番号を控えておきます。

R0038206a.jpg

R0038208a.jpg

58mmのインマニを仮付けしてエアクリーナーバックプレートをセット。マニの角度を決めます。バックプレートもSEの58mmスロットルボディ専用品です。

R0038209a.jpg

R0038212a.jpg

R0038213a.jpg

エンジン完成。

R0038214a.jpg

続いては1次ドライブ。まずは洗浄したインナープライマリーをセットします。取付ボルトの太さや締め付けトルクの大きさはT/C88時代とは雲泥の差です。それまでプライマリーカバーはあくまで一次ドライブにオイルを入れておく"箱"的な要素が強かったと思いますが、T/C96のそれはエンジンとトランスを繋ぐ補強パーツという認識が強くなっていると思います。このユニットが使えるだけでも96ベースでハイパワーモーターを作る意味があるかと思います。D/Sの栗田君が96はネオマッスルだ、とBlogで書いてましたが、正にその通りだと思います。

R0038215a.jpg

R0038216a.jpg

こちらのSE強化コンペンセータースプロケットも大好きなパーツです。素晴らしく屈強なダイヤフラムスプリングといい大パワーに対応した2重のスプライン構造といいとても良いパーツです。

R0038217a.jpg

R0038218a.jpg

R0038219a.jpg

6万キロ走ったクラッチも新品に交換。純正より一枚ディスクが多いカーボンタイプです。

R0038220a.jpg

R0038224a.jpg

入庫時テスト走行してフロントがおかしな動きだった為スタビは外しました。サスをフルチューニングして、それでも剛性不足なら考えても良いですが、こちらの純正49φフォークでスタビはまず不必要です。

R0038225a.jpg

とりあえず車体完成。今回はなかなか頑張ってみました。いつも手を抜いている訳ではないですが。笑
流石にシンドイですねぇ。

R0038226a.jpg

R0038227a.jpg

このまま一晩寝かせ、明日オイル類を入れて車体に行き渡らせたら火入れの準備とサンダーマックスのリセッティングを行います。

R0038228a.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT