FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MARUMASU Bonneville Racer Day #3。

今日は暑い一日でした。



お客さんと共に"AIRSPORT"までRacerを運び、ナラシを行いました。

ダイノマシンでもあればもっと簡単に適切なナラシを行う事が出来るかと思いますが、そこは弱小ショップの当店ですのでマシンは当然有りません。仲の良いショップさんに設備を有するところも無いので致し方ない限りです。
まぁAIRSPORTが爆音を気にしなくてよい環境に立地している事が救いでした。

最初原因不明のトラブルで電源が落ち続けていましたが、コネクター不良、配線容量不足、最後はメインのサーキット・ブレーカー不良という3箇所を絞り込んで解決。これで電気回りのトラブルは潰せたかと思います。

その後4000~5000rpmホールド後のレーシング時、車体右側から白煙を噴いたので「終わった・・・」と正直思いましたが、フロントのヘッドブリザーからオイルを吹いてマフラーに落ちたオイルが燃えただけでした。

ピストンダウンストローク時の内圧を下げる事とクランクの回転抵抗を軽減する為、特殊な構造のオイルポンプを使っていますが、高回転を数分持続すると戻りきらないオイルがケースやカム室に残ってしまい、加えてオイルタンク内部に空間が無いとポンプが回しきれないオイルがブリザーに回ってしまうのかもしれません。

今までボンネビルでブリザーからオイルを噴いた事は無いのですが、今回オイルを噴いたのがフロントバンクのみでしたので本当のところは厳密には分かっていないのが正直なところ。

その後一応プラグをチェックし、ピストントップやシリンダー内壁を目視して確認、ハンドクランキングしてみましたがコンプレッションも正常でしたので再度火を入れ、徐々に6000~6300rpmまで回してみましたが問題ない様子。ジェッティングはまだまだ濃い状態ですが、日本でセットを出しても仕方ないのでこれで送る事にします。

R0037947a.jpg

R0037948a.jpg

実走する事無く送るのは当然不安ですが、今回は全てにおいて時間が足りず100%には程遠い仕上がりだと思います。しかしこの20日間で自分に出来る事はやり切ったと思いますので、後は運を天に任すのみという心境です。

残り僅かの時間ですが、もう少し頑張りたいと思います。
関連記事

| YouTube | 01:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT