FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 2017 Fastest EV Motorcycle in Colorado Mile Race.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'02y FLHR-SEI トランスM/T回りの修理。

今日はロードキングのトランスを分解です。

R0029963a.jpg


私事ですが、昨日~一昨日は幼馴染の連中と旅行に出掛けておりました。もう40年以上の付き合いになる親友ばかりでしたので気遣いする事もなく気分一新。心身共にリフレッシュ出来たと思います。

で、今日からロードキングを作業します。操作上の不具合は全く無いのですが、トランスM/Tオイルの漏れと、エンジン始動と共に断続的に聞こえる「チチチチチ」というタペットノイズに似た異音の原因を探る作業です。

まずは邪魔な補記類を外してトランスにアクセス。

R0029964a.jpg

R0029965a.jpg

Fドライブプーリーの締め付けナットが硬く締まっていて苦労しましたが、ロックボルトの状態などからも一度も分解されていない事が分かります。トランスM/Tオイルの漏れはケースではなくドライブギア側だったのですが、インナープライマリー・メインシャフトBBレースの位置がドライブギアに当たってしまう程圧入されてしまってます。これは新しい車両でもよく見かける状態です。

R0029968a.jpg

トランスM/Tオイルをドレン。とても綺麗な状態で不純物も無し。

R0029970a.jpg

トランスM/Tトップカバーを開けたままインパクトでメインシャフトを直接回転させ、イロイロな回転数で異音の出所を探るのですが、後軸に負荷が無いと音が出ないのか全く異音が出ません・・・・。

R0029969a.jpg

となるとトランスアッセンブリを抜いて各ギアを確認しなければいけませんのでトランスをケースから抜きます。

R0029971a.jpg

R0029972a.jpg

R0029973a.jpg

メインシャフトのレースをSSTで掴めない為、メインドライブギア毎トランスを少し抜き、ギアとレースに隙間が出来たらSSTでレースを抜き取ります。

R0029974a.jpg

R0029975a.jpg

R0029976a.jpg

上手く外れました。レースは結構痛んでいます。

R0029977a.jpg

ケース内部を掃除して異物が無いか確認し、トランス・アッセンブリの各ギアの歯やドックに問題が無いかチェック。全体的に各ギアのスプライン(またはメイン、カウンターシャフトのスプライン)が"甘く"はなっていますが、残念ながら問題になるような箇所は見つかりません。

R0029979a.jpg

R0029981a.jpg

唯一気になったのがメインドライブギアを圧入しているメインドライブベアリング。左右方向にアソビが大きくドライブギア側のレース部分も少し焼けて荒れています。

R0029982a.jpg

R0029983a.jpg

R0029984a.jpg

このベアリングが異音の原因かどうかは実際のところ再度組み上げてみないと分かりませんが、7万キロ近く走っていますから交換しておいても損は無いかと思います。オーナーさんに相談して許可を頂いたので新品に交換する事にします。

R0029985a.jpg

しかしながら、4速なら兎も角、流石にこの年式のメインベアリングは持ち合わせておらずディーラーへ注文待ち。何方かお持ちではありませんかねぇ??

R0029986a.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 19:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT