FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ガスケットのハナシ。

マルマスでは比較的エンジン回りの仕事が多い為、ガスケットを頻繁に使用します。数あるガスケットの中で代表的なものをご紹介。

R0013095.jpg



古い車両の場合、ガスケットメーカーの選択肢が少なかったりして困ることが多々ありますが、EVO以降の車両で有れば全く問題ありません。H-D純正を柱にしてJAMES、COMETIC、MOTORFACTORYなどが有名どころでしょうか。

うちではH-D純正、JAMES、COMETICを使用しています。

まずは定番のH-D純正。レトロフィットしてるので使用頻度高し。

R0013092.jpg

次に使用頻度が高いのがJAMES。ヘッドベース用のガスケットでは透明なジェル状のコーティングがされているものがあり、こちらは純正よりも使い勝手は○。

R0013091.jpg

面が荒れている車両には古典的なスタイルのCOMETIC。あまり出番はありません(笑)。

R0013090.jpg

同じ車両用とはいえ各メーカーで材質が異なりますから使用する場所の状態に合わせて使い分けています。
比較的パーツの面精度がでているTC88/96モデルでは純正でもメタルの使用箇所が多いのはご存じのとおりで、こちらの場合は純正に準じて使用するのですが、面が荒れているとメタルだと逆にオイル漏れが止まりにくい為ペーパーやアスベスト系のものを選択します。
ですからシリンダーベースとトップでメーカーを使い分けたり、必要に応じて国産(ここが重要)シリコン系ガスケットを併用します。

但しあくまで経験値と独自の判断で使用していますので全てが正解!では御座いませんので悪しからず。
関連記事

| Big Twin | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://marumasumotorcycle.jp/tb.php/268-2c2eafd4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT