FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : マルマスモーターサイクルラウンジ 【ハーレーダビッドソン及び国産絶版旧車の整備/修理全般】

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXS テスト走行。

夜は少し寒くて、ショベルをテスト走行するには絶好です。

R0029722a.jpg


さて、本日はショベルFXSを初めて走らせました。

始動時の動画をご覧頂ければお分かりのとおり、純正マフラーでさえ排気音しか聞こえない程エンジンは静かでスムーズです。当然走りも期待していたのですが、予想通りかなり良い仕上がりで、初期ナラシの段階としてはとても満足出来るものだと思います。大袈裟ではなく下手なEVOやT/Cよりエンジンは静かです。

今回はハーレーが初めてのオーナーさんという事もあり、フライホイールから徹底的にやり直ししました。とはいえベースにした車両もとても良い状態だったので、そのお陰もあるのだと思います。

フライホイールはChargeMASAさんのフルリビルト、シリンダーは1サイズオーバーで掘り直し、新品ピストンと新品IN/EXバルブをコーティング。シリンダーヘッドは現行バルブシール対応のガイドを製作し、フルリビルトを施しております。各部のクリアランスはオーナーさんのキャリアを考慮した数値としています。

排気量はストックの1340cc、キャブはS&SのEキャブ、点火がDYNA-S、カムやオイルポンプはストックです。

これだけ回りが軽いエンジンだと国産車にしか慣れていない方だと直ぐに回してしまい、折角キチンと組んでも乗り手が調子を崩してしまうことは多々あります。ガタガタのショベルで苦労をした事のある方にこそ乗って頂きたいような車両ですが、ハーレー初心者の方にこそ、この辺りまで仕上げておく必要があるかと思います。

車体関係にもう少し手を入れる箇所こそありますが、200~300km位乗って初期段階のアタリが付いてから、オーナーさんの手元にお渡しする事となります。

という事で、今夜の食事もS&S。

R0029721a.jpg

R0029724a.jpg

これから走り込んでみないとなんとも言えませんが、ちょっとホッとしています。
関連記事

| Shovel Head | 23:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT