FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2021 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : マルマスモーターサイクルラウンジ 【ハーレーダビッドソン及び国産絶版旧車の整備/修理全般】

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'91y FXRS カム回りの組立。

SHOWが終わっても、やっぱり午前様です。

R0029270a.jpg


'81y ショベルFXSとほぼ同時進行させる為、ショベルに先行してFXRのカム回りを組んでおきます。

オイルポンプギア、ピニオンギアをピニオンシャフトにセット。カムを計測しブリザーギアとカムを組み込み。カムシムとブリザーギアのシムを調整したらカムカバーを洗浄し、カムシールを交換してカムカバー取付。ざっとこんな感じですが、意外に時間が掛かるのがこの辺りの作業です。

R0029271a.jpg

R0029272a.jpg

R0029273a.jpg

R0029274a.jpg

R0029275a.jpg

因みにこのエンジン、耐久性を重視して排気量93cu"と、ちょっと特殊なボア×ストロークとなっています。S&SクローンEVOエンジンといえばお馴染み96cu"ストローカーですが、少し短いコンロッドでフライホイールを組み直し、組み合わせたピストンに合わせてリバランスしています。まぁ"マイルド・ストローカー"とでもいう感じですかね。

R0029276a.jpg

明日はショベルヘッドのカム回りから進めます。

R0029277a.jpg

今気が付きましたが、エンジン作業台の上にはショベル、エボ、ツインカムと3代に渡るエンジンが鎮座している訳で。この辺りのエンジンをほぼ交互に作業しているような気がします。個人的にはツインカムばかりを弄っていたいのですが、そうは言ってられませんよねぇ。笑
関連記事

| Engine Maintenance | 01:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT