FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'03y FLHR 100th トラブルの切り分けとリカバリー~その弐。

ようやく出口が見えました。

R0027983a.jpg


イグニッションONだけだとエラーは出ませんが、一瞬でもクランキングを行うとエンジンチェックランプがやはり点灯します。点火タイミングがどうも無茶苦茶なので、危なくて火を入れる事が出来ません。

R0027982a.jpg

しかし点火タイミングのトラブルといえば後はクランクポジショニングセンサーだけです。
試しにストックのモジュールに戻すとすんなりエンジンに火が入り、エラーコードも出ません。という事はポジショニングセンサーは問題ないという事ですから原因はツインテックのモジュールにあると判断しました。

走行1500kmで壊れてしまった事になりますが、今まで何台もキャブレター仕様の車両にツインテックを導入してきていますが、当店では初めての経験です。

まぁしかし、電装部品で壊れたものはどうしようもない事ですから早速代替品を手配。とりあえずストックモジュールでの始動には問題が無いので、初期のエンジンならしを行いました。

今回はエンジン本体側と電装ユニットが同時にトラブルが出た為、原因追求に手間取りました。まだまだ勉強不足ですね。

R0027984a.jpg

オマケの画像はこちら↓

カムサポートプレートとオイルポンプが届きました。イロイロ車両の仕様で使い分けします。

R0027975a.jpg

もう一台のEVOソフテイルフレーム・ツインショックのスイングアーム加工が整いました。JMCをベースにアンダーブレースをカットしてリアショックのロアマウントをウエルド・オン。この後黒でパウダーコートします。

R0027974a.jpg
関連記事

| Engine Maintenance | 18:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT