MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'88y FXLR / '08y SE120R FXDBI。

今日はシトシト雨が降ったり止んだりしてます。

R0027484a.jpg


現在当店にはレーサーも含めると計13台もの車両が入っています。その半数以上が半年、もしくはそれ以上の作業待ちの状態で、お待ち頂いているお客様にはご迷惑をお掛けしており誠に申し訳ない限りです。

しかしながらクイックの作業は兎も角、エンジン腰下からのビックモーター製作+各種車体回りのアップデートとレストレーションまでのフルカスタマイズですと最低でも半年はお待ち頂く状況がこの先も続くかと思います。

作業ご依頼をお考えの場合は、その辺りも含めご検討頂きご来店頂ければ幸いかと思います。

また忍耐強くお待ち頂いているお客様方には心より感謝すると同時に、これまで以上に正確で確実な作業を目指して努力したいと思います。ご理解、ご協力を宜しくお願い致します。


さて、そんな本日まずはSE120R搭載のFXDBI。

エラーコードを読むにはH-Dディーラーに備わる診断システムにかけるのが最も早いのですが、よくよく考えるとこの車両はSEプロ・スーパーチューナーでコントロールしているので純正のエラーコードが読めます。

早速チューナーをセットしてログをチェック。現状問題は無かったので過去のエラーログを消去するとエンジンチェックランプは消えました。

このDBIに関してはシリアル信号でスピードメーターとバイパスされた純正タコメーターしか選択肢は無いのかもしれませんが、引き続き調べてみたいとは思います。

R0027480a.jpg

FXDBIの49φFフォークに純正クォーターフェアリングをセットする為のスペシャルマウントは試作第二段階。明日明後日にもレーザーカットから上がってくる筈です。

R0027482a.jpg

続いては'88y FXLR。こちらはT/Cを搭載するベース車両です。

先に入庫している作業待ちの車両が数台ある為、この車両に本格的に着手するのは年明け以降です。しかし少しでも作業スペースを確保したいので不必要なパーツは外し、動かし易い車体にしておきたい。この車両で言えばエンジン、ミッション、足回りなどフレーム以外のパーツは全て使いませんので時間を作って分解していきたいと思います。

今時のフリスコなスタイルに戻すのでHOT-DOCK製のカフェドラッグフェンダーや加工されたガソリンタンクも外します。Rフェンダーのサブフレームがカットされているので溶接して修理しなければ純正フェンダーが付きません。

R0027489a.jpg

フレームバックボーンは年式を考えれば綺麗な方です。塗装はしっかりしているので磨き上げれば艶は戻ると思います。

R0027490a.jpg

R0027491a.jpg

死亡しているエボモーター。仙台のドラッグゲームで逝きました。これでエンジン2機めでした。

R0027492a.jpg

インテークマニホールドを外すと見慣れたパーツの破片が。バルブガイドが焼きついてバルブと共に抜け落ち、粉砕しています。エンジンは飾りにするという事なので原因追求はしません。

R0027493a.jpg

R0027494a.jpg

ソレノイド別体式の初期エボのスターター。EVOで少し大きい排気量になるだけでもエンジン始動が困難になります。比較的コンプレッションが低くてもまず無理です。

ソレノイド一体式の強化セルモーターが使えるよう、トランスM/Tケース、インナー&アウタープライマリー、クラッチユニットの全てを交換します。ここは低年式FXRベースにチューニングする場合、ボトルネックになる部分です。勿論T/Cモーター搭載だとハナシになりません。

R0027495a.jpg

また折を見てエンジンを下ろします。

R0027496a.jpg
関連記事

| FXR on T/C | 16:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT