FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'99y FLHR カムギアドライブの取付~その弐。

続いて'99y FLHRです。

R0025265.jpg


カムサポートプレート側の作業です。サポートプレートを分解します。

R0025263.jpg

R0025264.jpg

カムにアウターカムベアリングを嵌め込みます。プレート側に先に嵌め込む方法もありますが、当方はこちら。

R0025266.jpg

ドット合わせしたF/Rカムをプレートに挿入します。クルクル~っと軽くずっと回れば問題なし。このベアリング、初期の純正は壊れる事もあるので注意が必要です。こちらは信頼のNACHI製、メイドインジャパン。

R0025267.jpg

R0025268.jpg

R0025269.jpg

カムプレートASSYをケースに仮付け。今回はボルトインカムですのでケースに干渉する事は皆無ですが、一応念の為チェックします。

R0025271.jpg

オイルポンプをピニオンシャフトにセット。トロコロイドギアとポンプ内部の傷の有無を調べる事をお忘れなく。カムやポンプ、インナーカムベアリングなどにアッセンブルオイルを塗っておきます。

R0025272.jpg

R0025273.jpg

サポートプレートを留めるボルト6本を規定値で締め、その後オイルポンプをセンタリング。どちらの作業を行うにも、クランクをひたすら回してスムーズに動作するかを執拗に確認しながら作業します。ピニオンシャフト直結のオイルポンプのセンター出しは特に重要です。

R0025276.jpg

アウターギアを付けます。

R0025277.jpg

R0025278.jpg

R0025279.jpg

アウターギアは間違って叩き込んでしまうとカムプレート内側にセットしたベアリングストッパープレートにダメージが生じます。それに気付かず組んでしまうとトラブルの原因になりますので注意しなくてはいけません。アウターギアを留めるボルト2本は締め付け方、締め付けトルクが個々に異なります。

R0025281.jpg

で、完成。

R0025282.jpg

カムカバーを付けてタペットまでを組みました。ツインカムの車両はスラスラと進むので気持ちが良いです。

R0025283.jpg

R0025284.jpg

今夜から岡山に向けて走ります。
明日、明後日はお休みですのでご了承下さい。
関連記事

| Cam Gear Drive | 20:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT