FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge.

2006 - 2020 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 2010/2011 FIM World Speed Record : 2011/2014 AMA National Champion : 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'99y FLHR カムギアドライブの取付~その壱。

今日は夜勤です。

R0025239.jpg


昼間はWELLDさんで打ち合わせだった為夕方から作業開始。まずはカムギアドライブを組みます。

タペットは新品のように綺麗です。ケース側のタペットホールも当然綺麗なものでした。オイル管理さえしっかり行っていればツインカムの場合はほとんど問題ないと思います。遅すぎる点火時期とアイドリングの車両、俗にいう三拍子な車両ではこの限りではありませんのでお間違えなく。

R0025238.jpg

カムチェーンテンショナーをフリーにしてアウターギアを外し、カムをカムプレートユニット毎抜きます。このカムプレート、モナカ状の中空構造ですので取り扱いは丁寧に行います。

R0025240.jpg

R0025241.jpg

カム山もチェック。こちらも問題なし。唯一気になったのはピニオンシャフトのサポートプレートブッシングとのアタリ面が若干荒れて白んでいた事くらい。指先でなぞってみても段差や引っかかりは無いので問題は無いです。

R0025242.jpg

オイルポンプを外します。どこのパーツでも同じですが、外す時はゆっくり慎重に行いアタリのキツさや汚れ、傷などを見逃さないよう細心の注意を払います。比較的作業の簡単なT/Cとはいえ、お客さんと喋りながら作業出来る程甘くはありません。簡単だからこそ気を遣わなきゃならないのはどのOHVエンジンでも同じです。
多くのプライベーターの場合、作業する事自体で舞い上がってしまい、ボンミスを犯すという事が多いかと思います。当方も昔はそうでした。笑

R0025243.jpg

R0025244.jpg

インナーカムベアリングの交換です。1999年の初期T/Cですのでベアリングは旧いニードルの少ないタイプ。ケージとニードルのガタは慣れれば指先で触れば分かるようになりますが、遊びも大きく丁度交換時期ではあったと思います。

R0025245.jpg

R0025246.jpg

新しいインナーカムベアリングをケースに挿入します。その際もカム室を完璧に脱脂の後(スラッジ混入防止と加工面のチェックの為)アッセンブルルーブなどを併用しつつ組みます。とにかく丁寧さがどんなエンジンでも大事です。

R0025247.jpg

所定の位置までベアリングが入りました。

R0025248.jpg

丁度在庫があったのでS&Sのブリザーユニットを付けておきます。ポンプがストック、またはストックと同じ2ステージ構造のオイルポンプの場合、併用する事が望ましいと個人的には思っています。

R0025250.jpg

オマケの画像はこちら↓

コンロッドを引き上げに来て頂いたOさんに頂いた餃子。滅茶苦茶沢山!笑
それでもって美味しいですね。ビールが欲しくなってきたので帰りたいです。Thanks!

R0025249.jpg

44MCのニューサポートTeeです。DatchクンThanks!!

R0025254.jpg
関連記事

| Cam Gear Drive | 21:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT