MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'97y FLSTF ツインショック化。

勢いに任せて車体も進めます。

R0024623.jpg


オーナーさんは仲間にひた隠しにしてますが、こうして記事にしてしまうと、もうバレバレですのでこの際書いてしまいます(笑)。このソフテイル、前後17インチで国産化、エンジンは先の記事のパトリックヘッド・ビックボア、そして肝心要のリアのツインショック化を行います。

リアショックが横置き、そして伸側方向にストロークするソフテイル・フレームは、見た目重視な為どうしてもストローク量が短く突き上げが酷いので高速走行には不向きと言えば不向きです(このオーナーさんもそうですが、それでも相当に速いのは間違いない訳で、乗り手の技量によるところも大きい訳ですが・・・)。

加えてオーナーさんは190cm位ある長身の方なのでバンク角を稼ぐべく、リアの車高をぐっと上げたいという事だったのでツインショック化に踏み切りました。まぁオーナーさんがJMCのスイングアームを入手された事から全てのカスタムが始まっているのです。

そんな訳で、リアをガシガシと分解します。

R0024624.jpg

R0024625.jpg

R0024626.jpg

R0024627.jpg

いらなくなったパーツが沢山。

R0024628.jpg

R0024629.jpg

折角新しいパーツを組むので、仮組みとはいえフレーム回りやトランスM/Tを灯油でひたすら洗浄します。灯油の匂いにアタマが痛くなった頃、洗浄完了。

R0024630.jpg

ダウンチューブ裏側までピカピカになりました。気持ち良いです。

R0024631.jpg

R0024632.jpg>
R0024633.jpg

で、JMCのスイングアームをインストール。パウダーコートしてますが、リアツインショックのロアマウントブロックを溶接しないといけないので一度剥離する予定です。

R0024634.jpg

オーナーさんが用意した新品国産ホイールはまだタイヤが無いので、とりあえず当方のFXLRがグレーのカラーリングの時に使っていたYZF750SPのリアホイールをごっそり移植。

R0024635.jpg

そしてリアショックを仮組み。本当はFXD用のオーリンズを組み合わせますが、未入手なので1200Sのショックで代用。程よくレイダウンしており思ったとおりの雰囲気です。

R0024636.jpg

R0024637.jpg

休憩中・・・・

R0024638.jpg

問題のフェンダーストラットですが、190のタイヤだと余裕でクリアしている事、加えてリアの車高を上げるので干渉はあり得ない事から純正ストラットのままリアショックをマウントします。必要であれば強度を増す為左右のストラットにブレイスを溶接したいと思います。

R0024639.jpg

JMCのスイングアームはブレイス付きなので車高はこれ位上げてダウンチューブが地面と水平の位置まで上げます。これでバンク角もバッチリです。

R0024641.jpg

しかし、FXRに190タイヤを組む手間を考えたら、ソフテイルフレームは何処も彼処もスペースが空いているので簡単です。チェーンラインも楽に出そうです。

フロントエンドはXJR1300の正立Fフォークを流用しステムをワンオフで削り出し。ウチが比較的得意とするパターンの作業内容です。

R0024640.jpg
関連記事

| Big Twin | 18:26 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ROMってばかりですが、いつも大変勉強させて頂いております。
この記事は書き込まずにいられませんでした。
「こ、これはっ!」
目から鱗が20枚くらい落ちました。
素晴らしいです!

| 工場長 | 2011/03/02 16:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT