FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'81y FXS トップエンドのO/H作業~その参。

昨日~本日にかけての作業です。

R0024443.jpg


昨日は高浜の"チャージモーターサイクルズ"さんへ向かいブラスト作業。またまた作業の邪魔をしてしまいまして申し訳無いです。笑

ヘッドはこの後バルブガイド打ち替えの為内燃機屋さんへ。前後共にINよりEX側が痩せていました。後はバルブのシートカット+セット長調整、摺合せまで全てを今回は依頼。シリンダーは深めのクロスハッチを付けます。

当店では通常EVOやT/Cでのダミーヘッドボーリングを行う場合、関西方面のレース関連業者にボーリングを依頼しておりますが、今回はチャージさんにご紹介して頂いた中部の加工業者さんです。

知ってのとおりチャージMCさんは旧車を速く走らせる事には長けておりスキルも相当にあります。そのノウハウを熟知している加工業者さんなので、信頼出来るのは間違いないと思います。

R0024444.jpg

この後ヘッドはこのまま梨地で仕上げ、シリンダーはクロスハッチ加工後リンクルブラックでパウダーコートします。そのまま流用するピストンとバルブは当店レーサー同様にコーティング処理を施します。

序にこんな事も。アルミタンクを3枚に下しました。MASAさん、Thanks!デス。

R0024445.jpg

で、一夜明けて本日。
ケース側のクリーニングとチェックです。

まずはシリンダーデッキに残ったガスケットを剥がし、砥石でホーニングします。リフターブロックも外してタペットやカムをチェックします。

R0024446.jpg

R0024447.jpg

R0024448.jpg

ケースデッキとタペットブロックベースが綺麗になりました。

R0024460.jpg

続いてタペットホールからカムを覗き込み、フライホイールを回転させて4つのカム山をチェック。若干片当たりしているような白いヘアラインがカム山に走っておりますが、爪で引っかかるようなレベルではありません。またタペットのローラーも当然同じような状態ですが、こちらも不具合が出るレベルの傷や段差は無し。

タペットブロックの内壁や、タペット自体の状態を踏まえて考えた場合、もうしばらくはこのままでも問題ないという判断をしました。オーナーさんは予備のカムも所有してますし、より高性能なEVOタイプのタペットASSYも当店には在庫がありますので交換する事は可能ですが、とりあえず問題は無かったので現状維持。

エンジンを組んでからでもカムやタペットは交換できますから、今年の夏を走ってみてから判断しても遅くは無いと思います。

R0024450.jpg

R0024452.jpg

そんな訳なので、いつまで経ってもT/C-FXLR Racerは放置プレイ。久しぶりに乗ってみたいです。

R0024461.jpg
関連記事

| Shovel Head | 17:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT