FC2ブログ

MARUMASU Motorcycle Lounge / KAZ MIZUTANI 

2006 - 2018 Specializes in Harley-Davidson / Japanese Classics Maintenance & Speed Pro Shop " The Spirit of Bonneville Salt Flats" Land Speed Racing. / 310-1 Nishi-bessho, Kuwana-shi, Mie 511-0851 JAPAN.

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

'93y FXRP 発電のトラブル。

本日はFXRPです。

R0021056.jpg


前回フロントのタイヤは交換していたので本日はリアタイヤ交換。その後この車両が積車で入庫する事になった電気系統のトラブルの原因を探ります。

R0021058.jpg

バッテリーから順に追って調べますが、一応新品のレギュに交換してみて発電量を計測。やはり低いのでステーター出口で計ると20V・・・オルタネーターが死んでます。で、一次ドライブ分解。

R0021060.jpg

R0021062.jpg

まぁこちらも盛大に汚れています。埃や鉄粉、ベルトドライブの綿埃やら・・・。
で、ステーターのコイルの樹脂が2箇所剥がれ、コイルの導線が緩くなってました。オマケに取り外そうとすると配線をハンダ付けした部分が簡単にモゲました。因みにH-D純正品ではありません。

R0021063.jpg

R0021064.jpg

R0021065.jpg

まずはドライブ内部やアウタープライマリーカバーを綺麗にします。ローターは純正なので問題なし。ただ鉄粉がマグネットにくっついてしまうのでそれを落とすのに骨が折れました。

R0021066.jpg

クラッチプレートも限界。スチールプレートも焼きが入りかけています。うーん、、。

R0021067.jpg

クラッチシェルを仮組みしてM/Tメインシャフトを回してみると、あろう事かシェルが振っていました・・・テーパー+キーのメインシャフトなら仮組み程度の締め付けでは振っていたりする事はありますがスプラインのメインシャフトで本締めしてみても動いているのでガックリ。
エボトランスにマウントプレートを介してT/C95をマウントしているので若干無理があるのは承知の上ですが、それでも一次、二次共ベルトドライブで逃がしているのでそう負担は掛からない筈ですが。

目視では分かり難いので一旦クラッチシェルを取り外し、ゲージで測定。メインシャフト突端で3/100、インナープライマリーBB手前で1/100振ってます。

R0021069.jpg

R0021070.jpg

FXRPは後日持ち越し。
明日は'07y FXSTDにサンダーマックスを取付します。
関連記事

| FXR on T/C | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT